« どろろ | トップページ | バッテリー IV »

2007.01.31

バッテリー III

読み終わりました。
4巻を読み始めています。「あれ?」と思ったのですが、話は3巻から繋がってました。

やっと、野球小説っぽくなってきました。3巻の最後からワクワクしっぱなしでした。でも、4巻の最初でなんか雲行きが怪しくなっきたような感じでした。

今まではサブキャラで良いところは無いような東谷や沢口も活躍し始めました。吉貞の実力はどんなものなのでしょうか?

「巧。おまえにだけは、絶対負けん。おれが、おまえにとってたったひとりの最高のキャッチャーだって心底わからせてやる」
三年部員が引き起こした事件によって活動停止になっていた野球部。その処分明け、レギュラー対一年二年の紅白戦が行われ、巧たちは野球が出来る喜びを実感する。だが未だ残る校長の部に対する不信感を拭うため、監督の戸村は強豪校、横手との試合を組もうとする……。
一方、巧と豪の堅かった絆に亀裂が入って!?
青波の視点から描かれた文庫だけの書き下ろし短編「樹下の少年」収録。
(裏表紙より)

あさの あつこ著(角川文庫)

2007年6冊目

|

« どろろ | トップページ | バッテリー IV »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/13729844

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー III:

« どろろ | トップページ | バッテリー IV »