« 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) | トップページ | 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) »

2006.12.30

あかんべえ (上)

読み終わりました。2006年は49冊しか読めませんでした。あと、1冊で50冊できりが良かったので少し残念です。
そういえば、2005年から2006年に架けても宮部みゆきさんの本(『模倣犯』)を読んでいました。その前の年またぎは、ジョン・グリシャム。どうも、年またぎは分割された本を読む星のもとに生まれたのかもしれません(そんなことおもっていませんが)。

時代物です。こういうファンタジィ系のものは、時代物としているのでしょうかね。現代物でやると、子供向けになったりしてしまうから?なかなか面白いのですが、なかなか話が進みません。

この本を幼少の頃に読んでおけば、幽霊とかお化けは怖くなくなるかもしれない。でも、僕が昔住んでいた家は怖かった。古い家というのは、廊下の電気が暗くて、何があるかだいたい分かるだけで良い、というコンセプトで取り付けられたように思われる。廊下とトイレが5ワットくらいの電球で、ホントにトイレに行くのが怖かった。帰りは走って部屋まで戻ったものです。

江戸・深川の料理屋「ふね屋」では、店の船出を飾る宴も終わろうとしていた。主人の太一郎が胸を撫で下ろした矢先、突然、抜き身の刀が暴れ出し、座敷を目茶苦茶にしてしまう。亡者の姿は誰にも見えなかった。しかし、ふね屋の十二歳の娘おりんにとっては、高熱を発して彼岸に渡りかけて以来、亡者は身近な存在だった――。この屋敷には一体、どんな悪しき因縁がからみついているのだろうか?
(裏表紙より)

宮部みゆき著(大極宮)

2006年49冊目

|

« 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) | トップページ | 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/13264658

この記事へのトラックバック一覧です: あかんべえ (上):

« 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) | トップページ | 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) »