« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

購入DVD(2006/09/27)

UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION VOL.4 初回限定版
宇多田ヒカルのビデオクリップ集は、Vol.2から買っています。
Vol.2に入っていたファイナルディスタンスが好きで。歌も映像も。
紀里谷さんのセンスが好きなのです。

もっとたくさん曲が入ってると、嬉しかったのですが、『This Is Love』とか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

キッチン

妹の本棚から借りてきて読みました。借りてきた本は、ハードカヴァで、下のリンクの本とは別のものですが、実際に読んだ本のリンクですと、画像がなかったので、コレにしています。内容は同じだと思われますので、特に支障はないはず。

吉本ばななさんの本を初めて読みましたが、詩が文章を形成している、と表現するのが適当かと思いました。あと、エロくない山田詠美といってもいいかな?(違うかも)

今、この歳になったから読める話かもしれません。出版された当時に読んでみても「つまんない」の一言で終わったかもしれません。みかげのような子は好きかもしれません。

吉本 ばなな

2006年38冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.25

X-MEN:ファイナル ディシジョン

原題もFinal Dicisionかと思ったら、違いましたね。

この映画は、どうも予告に引っ張られて見に行く傾向にある。予告を観ると面白そうで、でも、本編を見ると面白くなくて、というものでした。

でも、これは楽しめました。めちゃめちゃ金掛かってますね。ゴールデン・ゲート・ブリッジをあんな風にしてしまうのだから、これはサービス以外のナニモノでもない。最後もなんだか、次があるのか?って思わせるものだったし。

これで、主人公(Wolverine)の髪型がもっと普通だったら、よかったのに。Ellen Page(壁をすり抜ける子)がとっても可愛かったので、これだけでも観て良かったと思いました。

原題:X-Men: The Last Stand
監督:Brett Ratner
出演:Hugh Jackman, Halle Berry, Ian McKellen, Famke Janssen, Anna Paquin, Kelsey Grammer, Rebecca Romijn, James Marsden, Shawn Ashmore, Aaron Stanford, Vinnie Jones, Patrick Stewart, Ben Foster, Ellen Page
上映時間:105分
URL:http://www.x-menthelaststand.com/

2006年35本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

λに歯がない

あ、素数冊目だ。
"λ"は「ラムダ」と読みます。大文字では、"Λ"と表記します。"入"という字の斜体ではありませんし、"入"を気障に書いていたものでもありません。

さて、このGシリーズ、5冊目ですが、まだまだ謎があるようです。ある方は、すでにこの謎を解いているようですが、さて、その「ある方」とは誰か?本当に存在しているのか?謎は深まるばかりです。

このGシリーズの特徴と言っていいのかな?この1冊の中で起きた事件の謎を解く鍵は、内容を注意してよく読んでいれば分かるものですが、このシリーズを通しての謎は僕にはよく分かりません。もしかして、ということも考えられますが、「何故?」という疑問が先に立って、それ以降に考えが及びません。

森 博嗣

2006年37冊目

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.20

文庫版『鉄鼠の檻』

映画『ファンシイダンス』は、曹洞宗の修行寺が舞台らしい。
この『鉄鼠の檻』を読む前に観ておくと、曹洞僧の所作が分かって少し楽しめるかもしれない。

読むのに、本当に長く掛かった。途中、別の本に寄り道したが、ほぼ一ヶ月。1341ページだから、1日約43ページ(もっと読んでいるが)。読めない漢字が多くて、ルビが振ってあった字もあったが、次出てきたときまで覚えられないくらい漢字が多かった。これが時間の掛かった理由のようにも思える。それに、重い。寝ながら読んでて、眠くなって、顔の上に堕ちそうになったときの、反応の良さと言ったら無かった。亀田弘毅のパンチもよけられるんじゃないか?というほどの反射神経。はたまた、ニュータイプもかくやというやうな反射神経。

物語は禅寺を舞台にしています。コレを読んでいて、途中で犯人が分かった人は、僧侶かもしれない。ただの勘という場合もあるが。ただ犯人が分かったとしても動機が分からないだろうなぁ。なんとなく、ずるいかもしれない。

忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」……。箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者——骨董屋・今川、老医師・久遠寺、作家・関口らの眼前で仏弟子たちが次々と無惨に殺されていく。謎の巨刹=明慧寺に封じ込められた動機と妄執に、さしもの京極堂が苦闘する、シリーズ第四弾!
(裏表紙より)

京極 夏彦著(大極宮)

2006年36冊目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.18

トップキャスター

細木数子さん猛抗議でDVDボックスから削除…「トップキャスター」第3話(スポーツ報知)

フジテレビは馬鹿か。

講義されたぐらいで削るなよ。ただのフィクションじゃん。
「削除しなかったら、地獄に堕ちる」とか言われたのか?
いいじゃん、堕ちたって。地獄なんて無いんだから。

フィクションに抗議してどうすんだ?
自分が抗議を受けても謝らないような奴の抗議なんて聞くなよ。

金のある奴には、盾突くのはやめよう、という魂胆でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.09.17

UDON

讃岐うどん。本場で食べたことはありません。渋谷にある「はなまる」という店と、池袋にあるデパートの上の方の階にある讃岐うどん屋(名前は忘れた)で食べたことがあります。コシがあってとても美味しかったです。

子供の頃から、温かいツユに入っている蕎麦は嫌いで、蕎麦と言ったら、ざるかもり。饂飩は温かくても冷たくても何でも大丈夫でした。立ち食いそば屋に行っても、必ず饂飩。というくらい、蕎麦と饂飩なら饂飩が好きでした。

でも、讃岐饂飩は本当にうまい。「はなまる」であれだけ上手いんだから、映画の舞台、饂飩の本場、讃岐では、本当に美味しいのだろうなぁ。行ってみたいなぁ。と思いました。

映画もなかなか楽しめました。DVDを買うような気がします。でも、UDONフェスティバルのときのキャラクタは、本広監督のときにいつも使われるものと顔が同じなので、あれにはうんざりしました。

豪華な脇役も出ていて、その辺も楽しめました。「あの映画」のキャラクタも出ています。「あの映画」では、あの馬鹿さ加減が鼻につきましたが、この映画では良い具合です。

監督:本広 克行
出演:ユースケ・サンタマリア, 小西 真奈美, トータス松本, 鈴木 京香, 升 毅, 片桐 仁 , 要 潤
上映時間:134分
URL:ttp://www.udon.vc/

2006年34本目

----------
香川県って、瀬戸内海気候(だったでしょうか?)で、雨が少ないから、ため池がいっぱいあるのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

購入DVD(2006/09/15)

コーチ・カーター
I'm so proud of you.
rich what?

昨年、観たいと思っていたのですが、新潟では公開されなかったのか、僕が見逃したのか、観られませんでした。
廉価版のDVDが出たので購入し、観てみた次第。

良いですね。
ダメバスケチームが強くなって終わる。というストーリーかと思ったら大間違い。
こんなコーチは、日本ではムリかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

新iPod

日本では、一昨日、だったかな?
新iPodシリーズの発表。
新iPodは、画面サイズが本体と同じ大きさのものかと思っていましたが、違いましたね。画面が明るくなって、値段対容量で安くなっただけでした。

米国でなければ、iTMSの恩恵はまだ受けられないし。gameはちと高いな。

僕のiPodは、まだ第2世代。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.13

ドラマ『カクレカラクリ』

別物だと思って観ていましたが、ここまでとは。。。
森博嗣作品初映像化。
しかし、カクレカラクリはどうしたのだろうか。。。
このドラマのカラクリっていうのは、あの絡繰り人形か?
妙に歯車をイメージしたものが多かったですね。

原作が面白かったから、良かったんですけどね。
面白かったら、VTRを残そうかと思いましたが、やめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

It's Showtime

iTMSが真っ黒になってます。
アップデートの最中みたいですが、ニュースで流れている憶測どおりなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

マイアミ・バイス

TVシリーズは、観ていませんでした。面白いという評判は聞いたことがあるような気がするのですが、当時は何故か外国のシリアスそうなドラマに抵抗があったような気がします。コメディドラマ(観客の笑い声が入るようなドラマ)は好きで観ていたのですけど。

TVシリーズを観ていなかったので、先入観無く観られたと思います。
なかなか男臭い映画で好きでした。途中寝たりしてましたけど(笑)。それと最後の30分はトイレをガマンしながら観てたので、ドラマに集中出来ませんでした。

アメリカの警察って躊躇無く犯人を撃つのでしょうかね?そこがちょっとビックリしました。

DVDは、1000円くらいの廉価版が出たら買っても良いかなと思いました。

原題:Miami Vice
監督:Michael Mann
出演:Colin Farrell, Jamie Foxx, Li Gong, Naomie Harris, Ciarán Hinds, Justin Theroux, Luis Tosar, Barry Shabaka Henley, John Ortiz, Elizabeth Rodriguez, Domenick Lombardozzi, Eddie Marsan, Isaach De Bankolé, Ana Cristina De Oliveira, John Hawkes
上映時間:132分
URL(日本語):http://www.miami-vice.jp/
URL(英語):http://www.miamivice.com/

2006年33本目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.10

CD購入(2006/09/09)

Iron Maiden / A Matter Of Life And Death
9月6日に発売されたIron Maidenのニューアルバムです。
Amazon.co.jpに注文したら、3日遅れでした。
今回は長い曲が多くて、「聴いてるうちに飽きたらどうしよう?」なんて思ってしまいました。
Classicでもそうですが、長い曲の演奏時間を見ただけで、最後まで聴く気がなくなるような奴なので困ってしまいます。

まだ、8曲目(全部で10曲)までしか聴いてませんが、なかなか良いですよ。これから、聴き倒していこうかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.07

2006/09/06 サッカー日本代表イエメン戦

昨日は、やっと勝てましたね。
何度もチャンスはあったんですが、点に結びつかない。
芝があんなに悪いのだから、グランダーのシュートを打てば、変な転がり方をして入るかもしれないのに。

オシム監督が就任したときは、日本サッカーにとって救世主のような扱われ方をしていましたが、考えて走るサッカーで結果が出せないとなると、また解任しろ、なんて騒ぐ人がいるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

flat tire

今日、出かけようと思ったら、自転車がパンクしてました。
先週の土曜に空気が抜けているのに気が付いて、空気入れを引っ張り出して空気を入れたんですが、乗らないうちに空気が無くなっていました。
仕方なく、バスで移動。

帰ってきて、自転車屋に持って行ったら、自転車屋が定休日。
明日また持って行かなくては。
へこんでしまいそうな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

今日10時くらいのニュース

今日、10時くらいに家にいて、TVをつけていたら、裁判所からの中継をやっていた。
次から次へと記者らしき人が走ってきて
「今、冒頭陳述が始まりました。」
とか
「無罪を主張」
なんてことをマイクの前で話していく。
そんなこといちいちやるんだね。
子供でも出来るようなことを大人が、
しかも給料ももらってるんだろうなぁ。
あんな仕事に就かなくて良かった。

こんなニュースもあった。
57歳にもなって株がどういうものかわからないなんて。
こういう人達は、もちろん財務諸表とか見てないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.01

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

映画の日ということで観てきました。

なんというか、面白いけど、めちゃくちゃ面白い、というわけではなく。
感動するか?、って聞かれると、泣いた場面もあったから、まぁそれなりに感動はした。

でも、後に残らない。DVDを買おうとは思わない。映画の日に観て良かった、という映画でした。

監督:水田 伸生
原作:一色 まこと
出演:須賀 健太, 篠原 涼子, 西村 雅彦, 北村 一輝, 安藤 希
上映時間:123分
URL:http://www.hanada-shonen.com/

2006年32本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »