« トラックバックって | トップページ | シャープ製携帯不具合 »

2006.07.23

ブレイブ ストーリー

"つらいとき、つらいと言えたら、いいのになぁ"
言えばいいじゃん。
その「辛いこと」が他の人にとっては、たいしたことではないかもしれないけど。

原作を読んでから観たのが悪かった。全然面白くない。
子供用に作ったのかもしれないが、子供に子供だましの話を見せて、大人げないったらありゃしない。
もっと真面目に作れよ、と思ってしまう。
宮部みゆきの言いたいことを、最後にちょこっと付け足したような話を見る限り、消化しきれていないことがよく分かる。

〈幻界〉に入るまでの展開が、非常に早かった。たしか2日くらい。原作では、3か月ぐらいだと思った。ミツルとワタルの関係を確立する時間が短すぎるため、後の展開に無理があるように感じた。
〈幻界〉に入ってからは、ほとんどのエピソードが削られていた。宝玉を手に入れるために旅をするのに、まず最初にもらってどうするのか?デラ・ルベシも出てきたり、ティアズヘブンの名前だけ出てきたり、こんな出し方だったらカットした方がマシだった。
北の帝国で、ミツルがいきなり優遇されていたのはなぜ?ミツルが魔道でゴーレムを操り街を壊していたのに、魔族が襲来した時には街に人が普通にいたのはなぜだろうか?

この映画を観て面白いと思った人には、原作を読んで頂きたい。そこには子供と真っ正面から向き合って、作家が本気で書いた物語がある。

監督:千明 孝一
原作:宮部 みゆき
出演:松 たか子, 大泉 洋, 常盤 貴子, ウエンツ 瑛士, 今井 美樹
上映時間:111分
URL:http://www.bravestory.net/

2006年29本目

|

« トラックバックって | トップページ | シャープ製携帯不具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/11070393

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ ストーリー :

« トラックバックって | トップページ | シャープ製携帯不具合 »