« ビール。熱燗で | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2006.06.02

ブレイブ・ストーリー (上)

小学五年生の亘は、成績はそこそこで、テレビゲームが好きな男の子。大きな団地に住み、ともに新設校に通う親友のカッちゃんがいる。街では、建設途中のビルに幽霊が出るという噂が広がっていた。そんなある日、帰宅した亘に、父は「この家を出てゆく」という意外な言葉をぶつける。不意に持ち上がった両親の離婚話。これまでの平穏な毎日を取り戻すべく、亘はビルの扉から、広大な異世界——幻界(ヴィジョン)へと旅立った!
(裏表紙より)

映画が公開されるからかもしれませんが、昨年、文庫で宮部みゆき氏の『模倣犯』が発刊されましたが、こんなに早く新しい文庫が発刊されるとは思っていませんでした。年一冊文庫化されれば良い方だったのでとてもうれしいです。

さて、この巻では、まだ"幻界"はチョットしか出てません。映画になったら、現世のどの事柄が盛り込まれるのかな?なんて考えながら読んでました。まだまだ物語は始まったばかりで、盛り上がりはこれからです。

子供向けに書いたのでしょうか?最近の宮部みゆき作品にないシンプルな人物造形になっています。でも、これを小学生が読んだら、と考えると、あまり適していないような気もします。もし、これを子供に読ませたい親御さんがいたら、まず自分で読んでチェックした方がよいでしょう。

宮部 みゆき著(大極宮)

2006年22冊目

|

« ビール。熱燗で | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/10368578

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ・ストーリー (上):

« ビール。熱燗で | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »