« 炭酸入りコーヒー | トップページ | 僕と誕生日が同じ有名人 »

2006.05.21

ラッシュライフ

最近、良く名前を眼にする作家の作品で、映画化された作品もあったので、一作読んでみようと思って注文したのがこの作品です。

僕の場合、ある作家の本を一作読んで面白ければ、その作家の出ている作品(ほとんどは文庫)を次々に読んでいきます。例えば、栗本薫,宮部みゆき,森博嗣,京極夏彦。綾辻行人は、『十角館の殺人』が面白くて、次の作品も読んだのですが、内容が暗く、読んだ当時の気分に合わなかったため、2作で読むのを止めてしまいました。貫井徳郎も、『慟哭』が面白くて、ほかの2作品を読みましたが、多分読んだ本が好みではなかったため、3作で読むのを止めました。

この伊坂氏の小説は、これだけで終わってしまいそうです。
登場人物ごとの話が、5つあるのですが、たぶんこれらがどのような形で繋がってくるか、は途中で分かるように書いてあるのでしょう。そのへんがそんなに楽しめませんでした。ミステリィの要素もありましたが、何となく謎が解けてしまいました。たぶん、僕の嗜好が変わっているのでしょう。

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場——。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻なだまし絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。
(裏表紙より)

伊坂 幸太郎著

2006年20冊目

|

« 炭酸入りコーヒー | トップページ | 僕と誕生日が同じ有名人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/10177002

この記事へのトラックバック一覧です: ラッシュライフ:

« 炭酸入りコーヒー | トップページ | 僕と誕生日が同じ有名人 »