« 8:14 | トップページ | 8:21 »

2006.02.21

工学部・水柿助教授の逡巡

水柿君シリーズの第2弾である。逡巡である。春秋ではない。瞬時でも真珠でもない。少しこの小説の雰囲気を出そうと思ったが全く力不足である。これでは、小説家になどなれるはずもない。なるつもりだったのか?


とにかく、おかしすぎて笑ってしまった。眼科に行った時や、映画館で読んでいたときにニヤニヤしていた。周りの人に気が付かれたらおかしな人だと思われたことだろう。いや、誰も注目していなかっただろう。注目していたわけがない。そんなに目立つ格好はしていないかったし。

面白い話だと思っていると、たまにまじめな話が出てきたりして、やっぱりこの人ならでは、ですね。

森 博嗣

2006年9冊目

|

« 8:14 | トップページ | 8:21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/8762669

この記事へのトラックバック一覧です: 工学部・水柿助教授の逡巡:

« 8:14 | トップページ | 8:21 »