« 購入DVD(2006/01/28) | トップページ | 8:35 »

2006.01.28

模倣犯(五)

模倣犯全5巻、読了しました。
5冊で約2,500ページもあり、読み応えは充分、とても楽しめました。
これで、夜も今まで通りの時間に眠れるようになるかと思います。

このような話を作れる宮部みゆきという作家は、凄いですね。実際にあった話を小説にしました、と言ったとしても信じられます。それほどリアリティがありました。それとも似たような犯罪が出てくるかもしれませんね。そんなことがあったら怖いです。

少しネタバレ。読んだ人にしか分からないかもしれないが。
良かったシーン、というよりも思わず涙ぐんだところは、前畑滋子に昭二が電話をかけてくるシーン。

宮部みゆき著(大極宮)

2006年6冊目

|

« 購入DVD(2006/01/28) | トップページ | 8:35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/8387615

この記事へのトラックバック一覧です: 模倣犯(五):

» 最新読書日記31 [みだれ撃ち涜書ノート]
宮部 みゆき 模倣犯〈下〉 良くも悪くも大作である。 ただし、宮部作品の最高傑作かというと?マークが付く。 私は少なくとも以下の点で不満が残った。 ① 犯人の心情は理解に値するのか この作品は、連続女性誘拐殺人事件の発生より終結までの様子... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 12:05

« 購入DVD(2006/01/28) | トップページ | 8:35 »