« 8:20 | トップページ | 8:20 »

2006.01.12

模倣犯(一)

僕としては滅多にないことなのですが、読むのをなかなか止められませんでした。
早く先が知りたい、という想いで読んでいました。丁寧にといえば感じは良いですが、まだるっこしと言えるかもしれません。面白いのでよいのですけど。

この巻で、第一部が終わりました。被害者と警察側といいましょうか大衆側の話でした。第2巻を読み始めていますが、これも被害者なのかな?映画を観たのであらすじはだいたい分かるのですけどね。やはり映画はほんの一部でしたね。

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持ち主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕はまり子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった−−。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕!
(裏表紙より)

宮部 みゆき著(大極宮)


2006年2冊目

|

« 8:20 | トップページ | 8:20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/8131815

この記事へのトラックバック一覧です: 模倣犯(一):

« 8:20 | トップページ | 8:20 »