« ブラザーズ・グリム | トップページ | ここ50年で最高の犯罪小説 »

2005.11.07

レヴォリューションNo.3

君たち、世界を変えてみたくはないか?

フライ,ダディ,フライ』を読むために、ザ・ゾンビーズなるものを知ろうと思い、この作品から読んでみました。

金城一紀氏は読書家なのかな、と『GO』を読んだときに感じました。しかも僕が読まないような、哲学のようなことが書いてある本を読んでいるのかなぁ、と。

魅力的な人達が出てきますね。ドクター・モローは良いです。
ザ・ゾンビーズは、楽しそうですね。まさか、48人もいるとは思いませんでしたが、「携帯電話とカラオケと巨人軍が嫌い」というのが好ましいです。僕の高校にもこのようなグループがあったら楽しかっただろうなぁ。

金城 一紀著

2005年38冊目

|

« ブラザーズ・グリム | トップページ | ここ50年で最高の犯罪小説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/6954797

この記事へのトラックバック一覧です: レヴォリューションNo.3:

« ブラザーズ・グリム | トップページ | ここ50年で最高の犯罪小説 »