« 幸せは歩いてこない | トップページ | リアル(5) »

2005.11.20

第111回簿記検定試験

受験してきました。
試験会場には10分前に到着。
(あれ?今日は車少ないな)
試験会場の近くにある駐車場についたときに思いました。簿記試験のある日は、半分くらい車が止まっているのに、今日は2,3台。
あまり気にしないで試験会場に入っていったのですが、詳細な場所の案内もない?「あれ?なんで」と思い少しウロウロした後、受験票を見ました。

が〜ん

(試験会場が違う。。。)
なんと、今日に限って商工会議所が試験会場でした。過去、簿記検定を4回受けていたので、まさか場所が変わっているとは思いませんでした。試験会場を確認していない僕が悪いのですが。。。
(急げば試験開始に間に合うかもしれない)
と、思い急いで車に乗り、いつもより加速して急ぎました。
こういうときに限って、前は運転がヘタな車。前の信号が青なのにブレーキをかけたり、赤信号なのに加速したり、妙に遅かったり。
(速く走れよぉ〜。間に合わないじゃないかぁ〜)
と泣きそうになりながら、商工会議所近くの駐車場に車を入れ−−駐車場を出るとき既に9:01。開始時間に間に合ってません−−走って商工会議所へ行き、エレベータに乗って試験会場へ行きました。

ちょうど試験の説明をしているところでした。
(はぁ〜。なんとか間に合った)
と、思い受験票や筆記用具を用意していたら、試験官に呼び出され、「始まってからの入場だから試験は受けられない。特別な理由があれば別だが、とりあえず事務局に行ってください」と言われました。
ショックを受けつつ、表面的には取り繕って、事務局に行きました。
ことの経緯を説明したところ、特別に試験を受けてもよいということになりました。本当に感謝感謝でした。

でも。。。
試験問題を見て、やっぱり失格になっていればよかったと思ってしまいました。難しいのではなく、僕の苦手なところが出題されています。
(あ、ここがでたかぁ。)といった感じです。前日まで勉強していたところと全然かぶっていない。出題された箇所はかなり昔に勉強したところで全く覚えてませんでした。
(でも、せっかく試験が受けられるのだから、ちょっとでもがんばろう)
と、思い直し試験を受けましたが、結果はだいたい予想が付きます。
打ちひしがれながら、空欄が半分以上残ったまま試験が終わりました。
商業簿記の埋め合わせをするために、工業簿記はがんばりました。
でも。。無理だなぁ〜。

ミラクルが起きないかなぁ。

|

« 幸せは歩いてこない | トップページ | リアル(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/7233220

この記事へのトラックバック一覧です: 第111回簿記検定試験:

« 幸せは歩いてこない | トップページ | リアル(5) »