« 映画『蝉しぐれ』 | トップページ | 『ダウン・ツ・ヘブン』刊行延期 »

2005.10.17

湖畔のマリニア

グイン・サーガ104巻です。

まず、この巻の題名をBooks indexで知ったのですが、Books indexは間違っていたようで、『湖畔のリニア』となっていました。まるで外伝のようなタイトル、話がタイトルから想像できなかったのでどのような話か想像できませんでした。

次に、Amazon.co.jpでタイトルが『湖畔のマリニア』というのが正しいタイトルであるということがわかりました。発刊と同時かあるいは遅れていても70巻くらいまで読んでいる人には"マリニア"が何を意味しているのかわかると思います。
なので、この話は、ケイロニアか、あるいは各土地(パロとかケイロニア)の現状がどうなっているのかが描かれているのかと想像しました。このとき、まだ表紙絵はわかりませんでした。

しかし、表紙絵を見るとなんだか想像と違います。櫂を持っているのは誰であるか想像はできるが、横に座っている女の人は誰だ?と思いました。話がまったく想像できなくなってしまいました。

上のようなことを何も考えずに読んでしまえばよかったのですけどね。
とにかく、新展開にドドドドっと入っています。「え~、そんな人が出てくるのぉ」とか「それは何だァ?」とか思ってしまいます。
相変わらず、「そんなところで終わるなよぉ」というところで終わってしまいます。また、12月、105巻が発売されるまで待たなければいけません(泣)。

栗本 薫著(神楽坂倶楽部)

2005年34冊目

|

« 映画『蝉しぐれ』 | トップページ | 『ダウン・ツ・ヘブン』刊行延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/6445164

この記事へのトラックバック一覧です: 湖畔のマリニア:

» 本: グイン・サーガ 104 湖畔のマリニア [Pocket Warmer]
書名:グイン・サーガ 104 湖畔のマリニア 著者:栗本薫 出版:早川書房 評価 [続きを読む]

受信: 2005.10.24 01:52

« 映画『蝉しぐれ』 | トップページ | 『ダウン・ツ・ヘブン』刊行延期 »