« 裁判員制度の広報 | トップページ | 東京に来ました »

2005.10.20

大学の話をしましょうか 最高学府のデバイスとポテンシャル

Q&A形式になっているので、気軽に読めました。森先生のサイトや以前書いていた日記に通じるところがあったので、熱心な読者にとっては真新しいものではないかもしれません。
「こういう物の見方もあるんだ」というのが、この本を読むとわかります。学力低下,ニート,リストラなどについて、一般で良く聞く見方とは全く違います。

一般受けはしないかもしれません。TVに出ている人達が絶対言わないような意見が書かれています。

2005年35冊目

|

« 裁判員制度の広報 | トップページ | 東京に来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/6491238

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の話をしましょうか 最高学府のデバイスとポテンシャル:

» 大学の話をしましょうか(最高学府のデバイスとポテンシャル) ① [浩太伝説]
著者は名古屋大学・工学部・建築学科・助教授であり、1996年、『すべてがFになる』(講談社)で第1回メフィスト賞を受賞し、ミステリィ作家としてデビューした異色の経歴の持ち主である。現在では国立大学は法人化してしまったので、名称が大きく異なってしまったらしい。...... [続きを読む]

受信: 2005.11.21 15:37

» パラサイトミドル・下流社会・大学の話 [日々これケセラセラ]
なんとなく、普段あまり読まない類の本、読んでみました。 この3冊。 「パラサイトミドルの衝撃」 現状の社会の動き、その成立過程、なぜこうなっているのか。 例えば、ニートや著者の造語であるパラサイトミドルの、 発生状況を親世代や、その上・下の世代や、時代社会状況から、分析している。 同手法で他の世代を同様に分析。 「下流社会」では世代だけに関わらず、階級(下流〜中流〜上流)などの 成立仮定を描いている。 「この2冊は、著者の偏りを自身の頭で解きほぐしながら、解... [続きを読む]

受信: 2005.11.29 15:51

« 裁判員制度の広報 | トップページ | 東京に来ました »