« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.29

"スイッチバック"と言います

伊藤裕子さんが箱根に行ったそうです。うらやましいです。一回、富士屋ホテルに泊まってみたい。

箱根登山鉄道は、急な坂を登るためにスイッチバック方式になってます。
車とはちがって、レールの上を走るので、半径の短い円を回れません。それに、同じ方向へ進むようにすると、それだけレールを敷設するための土地が必要となり、そのために自然を壊すことになってしまいます。
なので、このような方式になっているのだと思われます。(詳しくは、箱根登山電車ホームページをご覧ください。)

運転手と車掌がスイッチバックの度に前後を入れ替わります。それもなかなか良い雰囲気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.28

完全に繁殖してる

小学校にセアカゴケグモ550匹…大阪(読売新聞)

ものすごい数になってるではねぃでぃすか。
だんだん、生息地域が広がって日本中に繁殖するんだろうなぁ。
長距離トラックにくっついたり、人についたりして、広範囲への移動をしていくんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.27

なんで?

なぜ、タダの占い師が説教して、それが番組になるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.26

久々の献血です

昨日ですが、約3か月あけて献血に行ってきました。
3か月前は比重が足りず献血ができませんでした。
それで、この3か月は食事も気をつけ、サプリメントを摂って、比重があがることを願いました。
でも、実際に計ることはできないので、昨日の献血も比重が足りないのでは、という不安がありました。
結果、献血できる程度の比重はあったのですが、男性の標準値(13.3〜17.4g/dL)には達していません。計測数値を見たところ12.1g/dL。1.2も下回っています。
健康に見えて、不健康なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.25

SHINOBI

原作『甲賀忍法帖』が雑誌に連載を開始したのが、なんと1958年だそうです。約50年前です。パンフレットを見ると、当時のおじさんたちの間で大ヒットしたとか書いてありました。
甲賀忍法帖』の裏表紙を読むとなんとなくいやらしいです。きっとおじさんたちの間で人気があったのも、いらやしい場面があったというのも理由の一つあるいは大部分でしょう。『伊賀忍法帖』を学生の時に読んで、こんないやらしい小説だとは思わなかった、って当時思いました。話はまったく覚えてません。ある種、官能小説に近いのかなぁ。読んだことがないのでわからないけど。も少し大人になってから読めば良かった。とにかく、『伊賀忍法帖』を読んだ後、いやらしいので山田風太郎氏の小説を手に取ることはありませんでした。

さて、映画ですが、なかなか面白かったです。忍者(と言ってよいのかな?)たちの超能力というか特殊能力が人間じゃないみたいです。その辺をもう少し観たかったような気もします。本筋のほうもいいです。よくある設定ではありますが、魅せてくれました。残念なのは、徳川の命令が柳生に届くのがめちゃくちゃ速い、というところ。電話やFAXあるいはメールがあるわけではないのにあの速さは尋常ではない。その辺をもう少し説得力あるようにしてくれていればねぇ。画面も暗いところが多かったような気がする。というか、CG処理された部分が暗くてよく見えなかった。スクリーンまで少し遠かったせいでしょうか。
でも、映画だけ観ると「なんでこれが、『甲賀忍法帖』という題名なの?」と思ってしまいますね。

監督:下山 天
原作:山田 風太郎(山田風太郎記念館)
出演:仲間 由紀恵, オダギリ ジョー, 黒谷 友香, 椎名 桔平, 沢尻 エリカ, 椎名 桔平, 升 毅, 虎牙 光輝, 坂口 拓, 木下 ほうか, 伊藤 俊, りりィ, 寺田 稔
上映時間:101分

URL: http://www.shinobi-movie.com/
ラジオサイドストーリPodcasts
ブログ

2005年44本目
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
ラジオサイドストーリもオススメかもしれません。時系列で楽しみたいのなら、ラジオサイドストーリを聴いてからの方が良いと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.09.23

バガボンド(21)

字体が変わってますね。21巻だからかな?新しい展開だからでしょうか?どっちでもかまいませんが。
原作とは全く違う話になってきてますね。といっても、かなり前からですが。
この巻は、少し薄くなってません?
やっと、武蔵の話に戻ってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.22

あなたの周りにもいませんか?

流行りのギャグを言っても、全く面白くない人。

そういう人に限って、面白くないということに気が付いていない。
こっちも苦笑いするしかなくなる。
そういう人にはきちんと言ってあげましょう。

「君が言っても面白くないよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.21

こんなものが送られてきました

one more day

少し前に、楽天で連載されていたブログと、その中で公開されていたムービーをDVD化したものが当たったようです。
応募したことも忘れてましたが。
たぶん、ブログやムービーは、日産:NOTEのページで見られると思います。

このDVDには、オマケとして、出演者のインタヴュも収録されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.20

vodafoneの2005年冬の新携帯

vodafoneからもFeliCa対応携帯が発売される模様(記事はこちら)。
703SHfという名前から類推すると703SHにFeliCa機能を付加したものと思われる。
画像を見ると、そのことがよく分かる。

ほかにも、NOKIAから新しい機種が発売されるが、幅が大きい、あと10mm小さければ、買うかもしれないのに残念。
MOTOROLAのiPod内蔵携帯を発売すれば買うかも。それと、FMも聴けるとうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

社保庁HPに「キッズページ」

社保庁HPに「キッズページ」、来年度から開設(読売新聞)

このページを作るために、また何十億円もかかってるんだろうなぁ。
作る前に、予算を公表しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

チャーリーとチョコレート工場

Tim Burtonらしい映画でした。きれいな映像に悪趣味が混入されている。いいなぁ。そこが好き。

試写会でチョコレートの香りをつけて上映するようなニュースを見ましたが、チョコレートの香りがしてきたら、さらに楽しめたかもしれません。

招福!きねま猫』で、チョコレートを手に観ると楽しめる、というようなことが書かれていたので、始まる前にチョコレートを買いに行きました。でも、僕は、甘いモノが得意ではない。チョコレートを食べるときはコーヒーのような甘さを中和してくれるようなモノがなければ、食べるのが困難。映画中にコーヒーを飲むとトイレに行きたくなるかもしれないので、飲みたくない。でも、チョコレートは食べたい。ということで、買ったのはKIT KATでした。量が少なすぎました…。
これから観る方は、板チョコをお勧めします。太った子が食べてるときに一緒に食べてみてください。

ウォンカの存在や衣装も良いですが、ウンパ・ルンパがいいです。ほかも全部良いです。流石、Tim Burton!!

原題:Charlie and the Chocolate Factory
監督:Tim Burton
原作:Roald Dahl
出演:Johnny Depp, Freddie Highmore, David Kelly, Helena Bonham Carter, Noah Taylor, Missi Pyle, James Fox, Deep Roy, Christopher Lee, Adam Godley, Franziska Troegner, Annasophia Robb, Julia Winter, Jordan Fry, Philip Wiegratz
上映時間:115分
URL(日本語):http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/
URL(英語):http://chocolatefactorymovie.warnerbros.com/

2005年43本目

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.09.17

『SHINOBI』ラジオサイドストーリー配信中

映画『SHINOBI』が本日、9月17日に公開されましたが、ラジオドラマ化されたサイドストーリーがPodcastで配信されています。
9月30日までの期間限定公開なので、聴くならお早めに。

映画を観てからサイドストーリーを聴くか、サイドストーリーを聴いてから映画を観るか。
http://www.apple.com/jp/quicktime/trailers/shochiku/shinobi/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.16

τになるまで待って

これは……。
読み終わって、もやもや感が残る。僕の能力では消化しきれない感じ。
でも、おもしろい。

これは、試験だろうか?
100点満点で平均点は20点。僕は5点くらいしか取れていないような感触。
森先生から「どうだい?君にこれがわかるかな?」と、問いかけられている感じがする。
何かあるような気がする。でも、何が?
あの人はもしかして…。

喩えるなら、『痴人の愛』の主人公のような心境。ちょっと違うか?

森 博嗣

2005年32冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

購入CD(2005/09/15)

BON JOVI / HAVE A NICE DAY(DVD付き)
前作『BOUNCE』から3年ぶりだそうです。
BURRN!のプレヴュで「BON JOVIらしい」とか書いてありましたが、僕が想像するBON JOVIらしさというのは、『SLIPPERY WHEN WET』とか『NEW JERSEY』ですが、それともちょっと違います。今までの作品、JONのソロ作品『Destination Anywhere』なども混ぜてBON JOVIというミキサで融合させてBON JOVIの純度を増したような感じです。
聴き終わった後、またすぐに聴きたくなるような、とても良い作品です。
特に、#6.BELLS OF FREEDOM, #9.I AMが良かった。#6は、胸の奥から感動がわき上がるような良さ、#9は、全身の毛が逆立つような感動がありました(分かりづらいですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.14

移動する都市

カナダの街ビクトリア、西に動く

14か月ごとにおきる振動で西に動いているらしい。
記事を見る限り、2日間で3mm動いたことしかわからないが、これは14か月ごとに3mm動いているということなのだろうか?

あ、一時的なものなのですね。地表では体感できないようだし。なぁんだ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

琵琶湖にピラニア

迷惑ペットまた投棄? 琵琶湖にピラニア(東京新聞)

ピラニアはアマゾンにしかいないから、どんなに肉食でも関係ないと思っていたが、琵琶湖にいるなんて怖いじゃないかぁ。
冬の温度が低すぎるから越冬できない、って言ってますが、動物って順応するものなんですよ。
どんどん増えて、日本中の川に繁殖しだしたら…。
考えただけで怖いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

計算ドリル搭載電卓

シャープ、脳を鍛える計算ドリル搭載の電卓

簿記検定を受けた人はわかると思うが、電卓の音がとてもうるさい。キーがプラスチックでできている大型の電卓を持っている人が多いためと思われる。
大きい電卓だと、押し間違いがないし、計算結果も大きくて見やすいという利点があるためだろう。せめてキーをゴムにしてもらえると静かで良いのだが。

電卓の正式名称は、電子式卓上計算機のはず。計算機部分はまったく入っておらず、電子式卓上のほうからもって来られたようだ。電計でも良かったのだろうが何故だろう?携帯電話も同じ法則、携電とは言われなかった。

さて、記事の電卓だが、暇なときとかちょっと時間つぶしのときに計算ドリルができるので、ちょっと食指が動きました。でも、10桁なんだよなぁ〜。今持ってるのと同じかぁ〜。12桁でないかなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

サマータイムマシン・ブルース

笑う場面は多いけど、おしい映画だ。舞台の映画らしいが、舞台を見た方が良かったかもしれない。
出演者も頭が悪い奴らばかりだし、オチがわかるようなネタが多い。
この映画の良いところは、上野樹里が可愛かったのだけだ。

監督:本広 克行
脚本:上田 誠
出演:瑛太, 上野 樹里, 与座 嘉秋, 川岡 大次郎, ムロツヨシ, 永野 宗典, 本多 力, 真木 よう子, 升 毅, 三上 市朗, 楠見 薫, 川下 大洋, 佐々木 蔵之介
上映時間:107分
URL:http://stmb.playxmovie.com/

2005年42本目

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2005.09.10

THE WINDS OF GOD 〜零のかなたへ〜

あと、1時間くらいで開演です。
感想はまた後で。

------------------------------------------------------
ということで、感想です。
同じ日にテレビ朝日系列で同じドラマをやるとは思っていませんでした。

舞台は、以前から観たいと思っていました。前にNHKだと思いますが、舞台の録画を放送していたと思います。でも、疲れていたせいか、寝てしまったか何かして、途中までしか観てませんでした。
来年には映画が公開されるようですが、その前に舞台で観ておきたかった作品でした。今回、新潟でやるということで観に行くことにしました。

席は前の方だったのですが、一番左端だったので、良くはなかったです。しかし、作品の内容はなかなかでした。舞台はやっぱり良いですね。笑いあり、涙あり。笑いの方が多かったかな。

戦争を望んでいる人なんて、地球の上ではほんの一握りなんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.09

誰か Somebody

約1年ぶりの宮部みゆき作品。
始まりは、『火車』のような感じ。途中、向田邦子作品のような趣きもありました。
あまり、ハラハラドキドキはなく、静かな印象が残りました。

宮部みゆきさんは、ほんとにウマイですよね。もっと、宮部作品を読みたいのですが、最近の本はハードカヴァばかりで、ノベルズまたは文庫にならないので買えません。なぜ、ハードカヴァを買うのかわかりません。重いし高いし。
森先生は、ハードカヴァが出てもすぐノベルズ化されるのでうれしい。(今年6月に出版された『ダウン・ツ・ヘヴン』が10月にノベルズ化される。)

事故死した運転手には、
二人の愛する娘と、ささやかな秘密があった。

  今多コンツェルンの広報室に勤める杉村三郎は、義父であり、コンツェルンの会長でもある今多義親からある依頼を受けた。それは、会長の専属運転手だった梶 田信夫の娘たちが、父についての本を書きたいらしいから、相談にのってほしいというものだった。梶田は、石川町のマンション前で自転車に撥ねられ、頭を強 く打って亡くなった。犯人はまだ捕まっていない。依頼を受けて、梶田の過去を辿りはじめた杉村が知った事実とは……!?
(裏表紙より)

宮部みゆき著

2005年31冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.08

一緒にお酒を飲みたい上司、部下

飲みたい上司はさんまさん 女性の黒木瞳さんもV2(共同通信)

キリンが調べたらしいです。そのページは、ココ

でも、NEWSの内博貴とか菊間千乃が入ってないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

miniの次はnano

iPod miniと同等の機能で、iPod miniよりも小さいiPod nano登場。
iPod shuffleより、20g重いし、体積も6,777.5mm3大きい。でも、音楽再生時間は14時間と、iPod shuffleより2時間長い。しかも、カラー液晶。

欲しい。すっごく欲しい。すぐにでも注文しちゃいそう(しないけど)

iPod miniの大容量化はあるとは、思っていたが、こういう小型化してというのはiPod shuffleの改良になると思ってました。
つぎは、iPod picoなんていう名前なのかも。

いいなぁ〜、iPod nano。だれかプレゼントしてくれないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

購入DVD(2005/09/07)

タイガー&ドラゴン DVD-BOX
木更津キャッツアイ』に続き、クドカン+岡田君出演作を買ってしまいました。
落語は、北村薫氏の『空飛ぶ馬』以降の『私と円紫師匠』シリーズを読んだ頃から興味があり、このドラマでも落語がベースになっていたので、楽しめました。
もっと、知らない噺が多かったら良かったんですけどね。
最近は、ぽっどきゃすてぃんぐ落語を聞いたりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.06

映画『亀は意外と速く泳ぐ』

フェッフェッフェッフェッフェ〜

ユルいなぁ〜。ユルユルだぁ。
でも、面白かった。これは好きだな。上野樹里は好きだし。あのくらいかわいいとどんなことをしてもカワイイ。

日曜に観た2本目の映画です。題名とは全く関係のない(とは言えない?)ストーリィ。亀は出てくるけど、ホントに速く泳ぐかどうか不明。

平凡な日常に潜んでいる、とんでもないこと。実は、世の中は、とんでもないことであふれているのかもしれない。

監督・脚本:三木 聡
出演:上野 樹里, 蒼井 優, 岩松 了, ふせ えり, 要 潤
上映時間:90分
URL:http://www.kamehaya.com/
blog:http://kamehaya.jugem.jp/

2005年41本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

容疑者 室井慎次

日曜に行ったのですが、映画館が混んでいました。正確に言うと、チケット購入窓口が混んでいました。その所為でチケット窓口にたどり着いたのは、観ようと思っていた映画がはじまって15分経ってからでした…。

開始10分前に映画館に行ったのが悪かったのですが、前よく行っていたシネコンであれば、その映画を観る人を呼び出ししてくれて、優先的にチケットを買えるようにしてくれてました。
それと、人気のありそうな映画(NANA仮面ライダー)が同じような時間帯に集中していたため、混み方にも拍車がかかったのでしょう。

で、結局観た映画が踊るシリーズ第2弾のこの映画でした。(もう一本観たい映画があり、それが始まるまで2時間何もせずに時間をつぶすのは無理だろうなぁと思ったためです。)

前作の交渉人が、楽しむためにはTVシリーズや映画を観ていなければならない、というハードルが設定されていたので、今回もそんな感じなのかと思っていました。しかし、そんなことはありません。TVシリーズを観ていなくても楽しめます。というか、単体だけで楽しめなければ、映画という媒体にした意味がないのではないか、と思います。

おきまりの3人組が出てきたり、接見のシーンでガラスに映る人とガラスの向こうにいる人の2者が映るカットがあきるほどあったり、キャラクタをツクリすぎたりしていて辟易するところもあったが、物語的には交渉人に比べてはるかに面白かったです。あくまで2者の相対的な比較です。

田中麗奈のまゆ毛がたまに太かったりして、ビックリした。あれは撮影の仕方だろうか?撮影時期が違うのだろうか?

監督・脚本:君塚 良一
出演:柳葉 敏郎, 田中 麗奈, 哀川 翔, 八嶋 智人, 吹越 満, 柄本 明, 佐野 史郎, 筧 利夫, 真矢 みき
上映時間:117分
URL:http://www.odoru-legend.com/

2005年40本目

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005.09.04

骨髄バンクに登録

以前から骨髄バンクのドナー登録をしようと思っていたのですが、今日、ようやく登録しました。
前に電話したことはあったのですが、電話したのが土曜だったので、担当者不在で月曜に電話してくれ、と言われたのでそのまま電話をせずに終わっていました。
その後も、何度か電話をしようと思ったのですが、登録受付が平日だったこともあり、いつのまにか電話することも忘れてました。

それで、今日、出かけた先で骨髄バンクのドナー登録を呼びかけていて時間も持て余していたので登録してきました。衝動登録という感じでしょうか?

骨髄バンクのパンフレットと言うのでしょうか、「チャンス」というパンフレットは何度か読んでいたので、ビデオによる紹介を観ずに、住所と氏名,血液型などを登録用紙に記入。その後、血圧と脈拍を計った後、採血。10分かからずに終わりました。

休みの日もドナー登録があれば、もっとドナーは増えるのではないかと思いました。

骨髄バンクのHPを開くとポップアップウィンドウが開くのですが、「2005年9月1日より54歳までドナー登録が可能になりました。」の下に「なお、骨髄提供できる年齢は20歳以上、55歳以下です。」とあります。
54歳までなのか、55歳までなのかわかりません。
54歳までなのであれば、「55歳未満」と書くべきではないか。
と疑問に思ったので、お問い合わせメールを送信。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.03

抽選に当選

あるサイトの抽選なのですが、よく当選します。去年から3回ぐらい、抽選の機会があったんですが、全部に当選しています。
ほかの抽選はあたらないんですけどね。
アイスもたぶん3回ぐらいしかあたったことがないし、映画の試写会も今までで2回しか当たっていない。去年は募集があるたびに応募していたのだが、1回しか当たらない。今年はゼロ。
運がいいんだか、わるいんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.02

もっとあるでしょ?

架空予算など95件118億円、12府省庁で昨年度(読売新聞)

やっぱり、官は税金の無駄遣いしてるんですね。驚きはしませんでした。
各府省庁も全部まとめて、民営化してしまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.09.01

ベストバランス

柿の種2つにピーナッツ半分が柿ピーを食べるときの僕のベストバランスです。
あなたは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »