« 韓国映画『マラソン』 | トップページ | 政治家がTVにでてますが »

2005.08.29

水曜日のジゴロ 伊集院大介の探求

1年7か月ぶりの伊集院大介シリーズ。今回の彼は50代。あんまり出てきません。
なんというか、初期の伊集院大介シリーズより楽しめなくなってきました。短編集が一番すきかもしれません。
伊集院大介というキャラクターは大好きです。ああいう感じの人になりたいなぁ、なんて思ったこともあります。
短編をTVドラマにすると受けるかもしれませんね。でも、だれが演じるのだろう?

深夜の六本木。同性を愛する男装の麗人・樹の店に出入りできる男は、名探偵・伊集院大介だけだった。この店に美しい男・千 秋が舞い込んでから猟奇事件が頻発する。樹と店で愛し合った雅子が翌朝惨殺死体で発見され、店内でも次の犠牲者が。千秋を疑いながらも強くひかれていく樹 に、友人として伊集院は!?
(裏表紙より)

栗本 薫

2005年30冊目

|

« 韓国映画『マラソン』 | トップページ | 政治家がTVにでてますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/5692407

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜日のジゴロ 伊集院大介の探求:

« 韓国映画『マラソン』 | トップページ | 政治家がTVにでてますが »