« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

迷宮百年の睡魔

森博嗣氏の原作スズキユカ氏が漫画化した作品。
女王の百年密室』に続く第2弾。
本屋を3軒探してようやく見つけました。無かったらAmazon.co.jpに注文しようと思ってたのですが、送料無料にするためにあと、2冊くらい買わないといけないが、欲しい本が無かったので、それは避けたいと思っていたところでした。
付録に本編に収録しきれなかったミチルとロイディの会話が付いていてそれがうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.30

ミリオンダラー・ベイビー

Hilary Swank、どっかで聞いた名前だと思ったら、『ボーイズ・ドント・クライ』に出てましたね。すごい映画だったなぁ。主人公に対する偏見がかわいそうでしょうがなかった。『ザ・コア』にも出てたけど、あれは誰が出てもいいような映画だった。設定もおかしかったし、制作陣は誰もおかしいと思わなかったのだろうか?

Clint Eastwood監督の昨年の作品『ミスティック・リバー』もテーマが重かったが、今回も重いなぁ。
予告編を観て、ある程度は予想できたけど、あんなに重いとは思わなかった。

原題:Million Dollar Baby
監督:Clint Eastwood
出演:Clint Eastwood, Hilary Swank, Morgan Freeman
上映時間:133分
URL(日本語):http://www.md-baby.jp/
URL(英語):http://milliondollarbabymovie.warnerbros.com/

2005年22本目

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2005.05.29

今回の献血

献血をしてきたのですが、少しショックなことがありました。
赤血球が不足しているので、400mlの全血献血を頼まれましたが、ヘモグロビン量が規定値に達していなかったみたいで、200mlの献血になりました。
男性は、12.5g/dL(グラム・パー・デシリットルだと思われる)以上ないと献血できないようだが、12.2g/dLしかなかった。
以前も比重が低くて、「この比重だと全血献血できない」というようなことを言われたことがあって気にしていたのですが、こんなことになるとは。。。
ヘモグロビン量を増やすにはどうしたらいいか、ネットを検索したら鉄分を摂ると良いらしいのでちょっと試してみます。
ずーっと低かったのかと思って調べたら、ここ2ヵ月くらいだけだったのでなんとかなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.28

購入DVD(2005/05/28)

笑いの大学 スペシャルエディション

《初回生産限定》許可・不許可ハンコセットがついて来るという言葉につられて購入。
「どのくらいの大きさだろう」と思ったら結構小さいモノでした。
縦4cm×横3cm×高さ4cm。
映画の脚本は、好きなのですが、役所広司氏の演技がやりすぎなのではと思っています。
音声がTHXとお金かかってます。
映画に、「武蔵」のエピソードがないのが残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

UAE戦

反省は必要だが、気にすることはない。

キリンカップでこんなに成績が悪かったことってあったっけ?

まぁ、いいか。とりあえず、W杯に関係ないんだから負けてもへっちゃらさ。
なんていう風に考えてもらって、バーレーン戦はガツンと行っとこう。

または。。。

てめえら、何してんだぁ?代表全員U-23と全とっかえした方が勝てんじゃん?
負けた罰として、国立競技場50周。

なんてね。

負けたのは悔しい。でも、いつまでも気にしてたってしょうがない。
ここで、沈んだまま行っても勝てる試合も勝てないよ。

玉田は、ダメだな。というか、ディフェンスがあんなに深く守っていたらウリのスピードが生かせないでしょ。今までの代表でのシュートもセンターラインあたりからパスもらって、スピードで持って行くって感じだったしね。
川口、シュート入れられた後、睨むな。態度でかくなってないか?気をつけろよ。
なんで、加地なんだ?三浦淳宏の方がいいだろ?
鈴木、目立たないね。
稲本をスタメンで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN vol.1 始動編

もうすぐ、Z(ゼータ)の第1弾が劇場公開されますが、その前にORIGINです。
『愛蔵版』と付いていたので購入してしまいました。月刊ガンダムエースに連載されているときのカラーページがそのまま載っているというのがうれしい。
でも、ちと高い。紙質いいしねぇ。『AKIRA』くらいの紙だったら¥1,000くらい安くなってないか?『愛蔵版』だからいいのかな?

パンツの柄も変わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.25

ファイルが「人質」に

ファイルを「人質」にとる新種ウイルス

WindowsのIEを使っている人が標的なので、ちょっと安心。しかも、2004年7月に修正されたバグなので、そんなに心配しなくてもよいのかな?
Windowsを使ってるという時点で、危険なのだけど。

勝手にファイルを暗号化されて、復号ソフトで元に戻るそうだが。
暗号化のキーを変えれば、いくらでも暗号化ができ脅迫はできるだろう。
ヘタなウィルスよりタチが悪い。
ネットにつながないことが一番安全。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ

久しぶりの森ミステリィ。半年ぶりです。

う〜ん、これは。。。
森博嗣氏の今までのミステリィと同じような展開、殺人が起こり紆余曲折あって探偵役の人物が解決する、という流れですが、それだけではないようなのです。
このシリーズ、Gシリーズと名付けられたようですが、S&Mシリーズ,Vシリーズと同じようなサプライズがありそう。
もう一回、『φは壊れたね』を読まないといけないだろうか。

森 博嗣

2005年17冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

ペルー戦

昨日のサッカーKIRIN CUPですが。
負けたのに、そんなに悔しくありません。
その理由を考察

・W杯の予選ではない
・日本がベストメンバではなかった
・南米のチームだから負けても普通と思っているため
・点を取られるまではなかなか良かった

でも、
カウンタ一発で点を取られた。
FWが点を取れない。
というのは痛かった!!

三浦淳宏が良かった。逆サイドへの展開は加地にはない攻撃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

コンスタンティン

そうか!!どっかで観たと思ったら、『ハムナプトラ』に出てた女性か!!映画観てる時に気になってしょうがなかった。

この映画を楽しむためには、天国と地獄が存在することを信じないといけない。『タイムライン』の設定(映画ではなく原作)と同じなのかな?パラレルワールド。

Keanu Reevesは、エクソシスト(悪魔払い師)という設定らしい。
なかなか楽しめる映画でした。最後も結構好きな結末(エンドロールの後ではなく、エンドロールの前の結末のこと)。
悪魔の手下みたいなのも、手があって足があって、人間や猿にちかいのだろうか?もし本当にいたら、の話だが。

天国と地獄という設定は仏教にもあるけど、これは宗教のアメとムチのような関係なのだろうか?もう少し、カトリックのことを勉強していけば楽しめたかもしれない。

原題:Constantine
監督:Francis Lawrence
出演:Keanu Reeves, Rachel Weisz, Shia LaBeouf, Djimon Hounsou, Max Baker, Pruitt Taylor Vince, Gavin Rossdale, Tilda Swinton, Peter Stormare
上映時間:121分
URL(日本語):http://constantine.warnerbros.jp/
URL(英語):http://constantinemovie.warnerbros.com/

2005年21本目

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005.05.21

アップル、バッテリリコール

米アップル、ノート型パソコンのバッテリーをリコール

なんでも、発火するとか。。。
iBook 12inch, PoweBookG4 12inchを所有していたので調べましたが、大丈夫でした。
くわしくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

スペイン語講座

NHKでやってるスペイン語講座を観ています。
スペイン語を習得するためではなく、笑い飯のネタが観られるからです。
「トニの冒険」というドラマをやった後、基本的なフレーズを紹介。その後、そのフレーズを使って笑い飯がネタをします。それがおもしろいんだ。

今週は、
¿Qué es aquello?

日本語で記述すると、「ケェ エス アケジョ?」かな?「あれは何?」という意味ですが、そのネタがおもしろかったぁ。
再放送が、5月24日朝6:00からあるようですので、興味がある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

卵かけごはん専用醤油

卵かけごはん専用しょうゆにも関東版・関西版

こんな醤油があるとは思いませんでした。さしみ用醤油があるのは聞いたことがあったんだけど。
最近、卵かけごはんって食べないなぁ。子供の時に卵かけごはんを食べて腹痛をおこしてから食べる機会が少なくなった。それ以来、生でたまごを食べたとしても発売日から2日以内のものだけになったので食べる機会もそれにあわせて少なくなった。
この醤油は、目玉焼きとか卵焼きに使っても良いのかな?かつおとみりんのうまみがプラスしてあるだけみたいなんで特に支障はないようですね。
他の料理にも使っても良いかもしれませんが。
値段はどのくらいなんだろう?と思って調べたら、150mlで¥294。かなり高いな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.18

北の豹、南の鷹

グイン・サーガ第101巻です。
豹と鷹ですよ。グイン・サーガファンには、何を意味するのかすぐにわかってしまうようなタイトルですね。これは、もうタイトルがネタバレになってしまってますが、これだけではない。びっくらこくようなことをしてくれます。
それにしても、思わせぶりなことが書かれています。一体何が起こっているのか?読んでいてもまだナイショだなんて、いけずぅ〜。

102巻のタイトルがここで見られるのですが、それを知ったセイで早く読みたくなりました。どうなるんだろう?ってどうにか乗り切って行くんでしょうけど。

グインをイシュタールヘ連れ去ろうとするイシュトヴァーンの思惑と裏腹に、グインを操ろうとするグラチウスの暗黒魔道と、それを阻もうとするイェライシャの力が妖魔の森で角逐する。マリウスの歌を聞いたグインは、イシュトヴァーンの手を逃れるか、数知れぬ死霊たちの執拗な襲撃によって、ルードの森に力つきようとしていた。絶体絶命のグインを救い出したのは、漆黒の衣に身を包んだ、黒太子スカール、その人だった!
(裏表紙より)
※ 裏表紙がネタばれなので、文字色を変えています。

栗本 薫

2005年16冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

男女平等 58か国中日本は38位

男女平等:日本は38位 北欧が上位占める−−ダボス会議主催者調査(毎日新聞)

「そもそも、男女平等と職業とは無関係だ。つまり、男と対等になるために、仕事をするなんてナンセンスだと思う。それでは、仕事をしている者が偉いという、馬鹿な男が考えた言い訳を認めることになる。いいかい。仕事をしていても、遊んでいても、人間は平等だ。問題をすり替えてはいけない」
「でも、就職するために大学で学んでいるんですよ。主婦になるためじゃありません」
「それは、僕の考え方とは違う」犀川は言った。「大学で学ぶことは、仕事とは関係しているかもしれないけど、仕事のためじゃない。学ぶのは、それこそ、平等になるためだよ。君、質問の趣旨が最初とずれてるね」
「でも、現実はやっぱり、そうじゃありません。先生のおっしゃるような理想は通用しません。社会に出ないと、馬鹿にされます」
「馬鹿から馬鹿にされても、怒っちゃいけない。動物園のゾウとかキリンとかだって、人間のことを馬鹿にしてるかもしれないじゃないか」
(詩的私的ジャック 72ページ)

男女平等かどうかは、就業率が高いとか専門職に就いてるということが必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

vodafone ポイント有効期限延長

vodafone携帯電話の請求額に応じてポイントが貯まっていたのですが、そのポイントの有効期限が延長されることになったそうです。3年が5年になったとのこと。
でも、今までこのポイントって機種変更するときにしか使ったことないんだよね。
それに、携帯電話の付属品と交換するか、プレゼント応募しかできない。
ポイントが減ってもいいから、別のものと交換できれば良いと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

交渉人 真下正義

「こうしょうにん」を変換すると「公証人」と出ます。公正証書を作成したり、私文書を認証する権限をもつ人、のことだそうで、この映画の交渉人とは全く別の役職。交渉人ってマイナなんでしょうね。
アメリカで『交渉人』という映画が公開されたのが1998年。結構時間が経っているのにPC の辞書には反映されてません。Amazon.co.jpで探したら三上博史さんが主演の『交渉人というDVDが見つかりました。あらすじを読んだら、テレ朝でちょっと前にやった公証人と同じだったので、同じ原作のドラマでしょう。結構面白かったのを覚えています。

さて、映画ですが、2時間ドラマを映画館でやっちゃいました。その方が儲かるし。という感じでしょうか。

ドラマを観て、映画12も観てる、という人が楽しむための映画です。
サイトストーリーに書いてあるんで書いちゃいますが、この時期(5月)にクリスマスの話をするなんて制作が伸びちゃったんでしょうかね。第2弾の公開が8月末に迫ってるし。完全に時期を逸してます。

「そんなに大騒ぎしなくても○○○○を××て○○○に××××ばいいんじゃないのかなぁ?暴走してても○○○○を走ってるんだからさぁ~」とか「バッテリ積んでるから自走できるだろうけど、○○○○はどうやって××るんだろう?」(ネタバレになるので伏せ字にしました)って考えてしまいました。もうちょっと設定を考えないといけません。
電車の前面がガンダムに出てくるザクに似ているのですが、あれは影響を受けたのかパクッたのかどっちだろう?
なぜ、映画に恋愛要素を入れる?真下と雪乃をくっつけるなんて。。。安易だし無理矢理です。

真下君が課長の交渉課準備室というのがあって、そこに2人の女性がいるのですが、どちらも眼鏡をかけてて知的できれいでした。サイトを見ても名前がわからなかったのですが、[教えて!goo]で名前がわかりました。清水智子さん, 神野美紀さんだそうです。

これから映画を観る方、いるのでしたら最後、場内が明るくなるまで観た方が良いですよ。

監督:本広 克行
出演:ユースケ・サンタマリア, 寺島 進, 小泉 孝太郎, 高杉 亘, 松重 豊, 國村 隼, 石井 正則
上映時間:127分
URL:http://www.odoru-legend.com/

2005年20本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

下妻物語 〜ヤンキーちゃんとロリータちゃん〜

「誰だって何かを背負ってるんだよ。何処かが痛いんだよ。お前だけじゃないよ。だから泣くことは恥ずかしいことじゃない。でもな、女はよ、人前で涙を流しちゃいけないんだ。同情されちまうからな。同情されたら女が廃るぜ。泣くときはこうやって人の居ないところで泣きな。そして、泣いたら泣いた分だけ強くなれよ。」

映画『下妻物語』が良かったのと大矢博子さん(またかよ)大絶賛だったので読んでみました。イヤ〜、スッゲー面白かった。映画を観たときから読みたいと思ってたんですが、出版社が何処かわからなかったんで本屋で探しても見つからずに読まずじまいになってました。小学館文庫でした。こんなに面白いんだったらもっと本気で探しておけば良かった。

映画と原作を比べると原作の方が面白い、ということは良くありますが、これはどちらも面白い。ほぼ同じ内容でも、どっちも面白いってとこがスゴイ。
映画を観て面白かったと思った人にはオススメです。映画では説明していないところまで書かれてます。

 四方八方田んぼだらけの茨城県下妻。そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女・桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリヤンキー少女・イチコと出会う。見た目も趣味も全く違うこの二人。分かり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて‥‥‥。
 ギャグぶっちぎり!思いっきり笑ってほんのり泣ける爆走青春ストーリー。
 刺激的でエンターテインメント・センスがたっぷりなコマーシャルで知られるディレクター・中島哲也氏が惚れ込み、みずから監督を名乗り出たすてきなすてきな映画化原作!
(裏表紙より)

嶽本野ばら

2005年15冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

浄水器詐欺

今日、新聞の広告に「詐欺に注意」というようなものが入っていました。
その中に、浄水器を売りつけるものがあって、「へ〜、これって詐欺なんだぁ。これひっかかりそうになったなぁ」と思いました。

水道水に薬品を1,2滴入れると、色が変わったんでびっくりしました。なんでも人体に危険な物質が入ってるから色が変わる。浄水器をつければ、その物質が取り除ける、とのこと。
この時点では、取り付けようかなと思ったんですが、その浄水器の値段が高い高い。毎月いくらかかかるとか言ったんで、購買意欲がなくなりました。
「別に健康になるために生きてるわけじゃないんでいいです。長生きしたいわけでもないし。いままで、この水飲んで生きてきたんだから大丈夫じゃないっすかねぇ」
って言って断りました。

結果オーライでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

地上デジタル受信可能携帯

vodafoneはもうテレビを付けるしかないのか?

地上デジタル放送が受信できる携帯電話を開発したようです。
昨日は、FeliCa対応携帯電話を作る話がニュースになっていましたが、目立つのはテレビ機能。CMでもTVが観れて録画ができて。
みんな、そんなにテレビ観たいのかなぁ?
私の場合、絶対観たい番組があればon timeで(早く帰るとか会社を休むとかして)観るか録画する。携帯で受信できたとしても画像が悪いだろうし、画面小さいし。
デジタル放送になれば、画像は良くなるんだろうけど、でもあんなちっちゃい画面じゃあなぁ〜。あんまり観る気しない。
auみたいに音楽が聴けるようにしたり、FM受信可能とかになるといいな。

vodafoneはサービスは悪くないと思う。256文字以内(だったかな?)のメールの受信が無料だし、変なURLが付いてるメールはブロックできるし、1年に2ヵ月は無料の時期があるし。
サービスや個体の機能を良くするよりもデザインを良くしたほうが良いと思うのだが。その辺を修正しようとは思わないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

北京原人の日

邪馬台国はどこですか?』がめちゃくちゃ面白かったんで、同じ作家が書いた『隕石誘拐―宮沢賢治の迷宮』,『金閣寺に密室(ひそかむろ)―とんち探偵一休さん』を読んだのですが、いまいちでした。
この作家はデビュー作だけか、と思っていたところ、書評か何かで『九つの殺人メルヘン』が面白いと聞いたので読んでみました。面白かったのですが、やはり『邪馬台国はどこですか?』にはかないません。

この本は、大矢博子さんが面白いと言っていたので読んでみました。(解説も大矢博子さんが書いています)
歴史上の謎、北京原人の化石の行方を探るというミステリィで、昭和初期に起こった謎の事件も絡んできて、「よくそこまで絡めて考えられるなぁ」と関心してしまいます。
北京原人の化石はどこに行ったのか本当に不明で『ルパン三世』でも謎を解くような話があったよなぁと思って検索してみたら、第43話で、「北京原人の骨はどこに」という話がありました。

銀座の空から落ちてきた軍服の老人は、北京原人の化石を持っていた。現場に居合わせたカメラマン達也と雑誌記者さゆりは、二億円の賞金につられて残りの化石を探し始める。下山国鉄総裁轢死事件、山下奉文将軍の財宝。現代史の怪事件が驚天動地の真実を浮かび上がらせる。二人がたどり着いた結末とは……。
(裏表紙より)

鯨 統一郎著

2005年14冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.10

簿記検定試験申込み

先週の後半に、「6月に簿記試験があるけど申し込みはいつまでかなぁ」とのんびり構えていたら、〆切はなんと今日(5月10日)でした。
ということで、申し込みに行ってきました。
今回は1級にチャレンジ。2回目の挑戦です。
こんどはもう少しマシな結果、というか合格したいなぁと思っている次第。

1級も2〜4級と同じように70点以上で合格なのですが、1科目40%以上の得点、つまり4科目あって1科目25点なので10点は取らないとダメなのです。
3科目を満点で75点取っても、それ以外の1科目が0点だったら不合格。
合格判定が他の級より厳しくなっています。

試験時間も3時間(2,3級は2時間)と長めです。商業簿記と会計学の試験を1時間30分、その後10分の休憩を挟んで工業簿記と原価計算の試験を1時間30分。

簿記検定でなかなか合格できないでいる方っているでしょうか?
もし、困っているようでしたら、1つ上の級の勉強をすることをオススメします。
私の場合ですが、去年の11月まで1級の勉強をしていたため、2月に受けた2級はとても簡単に感じました。
1級の知識の一部を使うだけで2級の知識を補えるので簡単に感じたのだと思います。

私は電卓を叩くのは速くありません。しかも右手の人差し指で打っています。
簿記試験の会場に行くと、電卓を左手で指全部使って打っている方が結構いますが、重要なのはスピードではなく正確さです。
電卓を左手で素早く打たなくても合格する人はするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

報復行為

JR西日本、運転手・車掌らにいじめ多発(日刊スポーツ)

上のニュースはこの記事を書いた時点では、Googleニュース検索で3件だけでした。あまり報道されていないようですね。

サッカーではファールに対しての報復行為は退場になる。
これは報復ではなく、ニュースを見た事故とは全く関係のない人たちが行っている犯罪です。
ホームから転落しそうになった運転士もいる、とのこと。

JR西日本社員を殺したいのか?
それならば、もっと確実な方法でやれば。


事故はJR西日本社員全員が悪い訳ではないだろう。わかんねぇかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.08

真夜中の弥次さん喜多さん

クドカンらしい小ネタ満載の映画でした。
ところどころはその小ネタで笑えるのだが、映画としては。。。
時代劇なのに時代劇の枠にはまってないところは好きなんだけどね。バイクがでてきたり、ミョーにマニアックなとことか。
ドラッグストア・ガール』と同じように期待しすぎて失敗したのかもしれない。
それに、原作を知らずに見に行ったというのも悪かったのかも。

麻生久美子さん
が見れてうれしかったよ。

監督,脚本:宮藤 官九郎
原作:しりあがり 寿
出演:長瀬 智也, 中村 七之助, 小池 栄子, 阿部 サダヲ, 柄本 佑
上映時間:124分
URL:http://yajikita.com/

2005年19本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

オーバーラン

最近、オーバーランのニュースが多い。Googleでオーバーランのニュースを検索すると963件(2005年5月7日21時現在)もヒットしたのはビックリした。
あの悲惨な事故発生後にニュースに取り上げられるようになったのだが、オーバーランってそんなに珍しいことでは無いような気がする。
電車を日常的に使っていれば、1回は経験したことがあるような気がする。
そんなに躍起になって報道してどうしたいんだ、マスコミは?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.06

2007年問題

2000年問題2038年問題は知っていましたが2007年問題は初耳。

団塊の世代、定年退職開始「2007年」悩む大企業(読売新聞)

PC関連の事ではなかったみたいです。
定年退職者が多く、「意欲ある若手・中堅の確保が難しい」とか「伝承に時間がかかり、円滑に進まない」など。
「意欲のある」っていうのは外から見えないとダメなのかな?意欲は見て取れるが、仕事ができなくてもよい?
「伝承に時間がかかる」って、情報の共有化がまだまだ出来ていないのですね。使いやすいシステムが必要なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

Shall we Dance?

原作に忠実とは聞いていましたが、ここまでとは思っていませんでした。
本当に 原作がすばらしかったんだなと実感。

セリフのつなげ方に少し無理があるのでは?と思った部分もあったんですが、まぁ良しとしましょう。
渡辺えり子の女優さんはそのままだなぁと思いました。
竹中直人が演じていた役は、薄くなった感があります。竹中直人が演じた方が良かったのでは。
爆笑問題太田がちょっと言ってましたが、Jennifer Lopezではなく杉本彩でも良かったかも。草刈民代がワルツとかのスタンダードならば、Jennifer Lopezはラテンですね。

Jennifer Lopezは『 アウト・オブ・サイト』のときにきれいだなぁと思いました。映画の方は……言わないことにしましょう。

ハリウッド版で良かったのは、Richard GereとSusan Sarandonのダンスシーン。日本版には無かったシーンですが、良かった。

原題:Shall We Dance
監督:Peter Chelsom
原作:周防 正行
出演:Richard Gere, Jennifer Lopez, Susan Sarandon, Lisa Ann Walter, Stanley Tucci, Anita Gillette, Bobby Cannavale, Omar Benson Miller

上映時間:106分
URL(日本語):http://www.shallwedance-movie.jp/
URL(英語):http://www.miramax.com/shallwedance/

2005年18本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

J1 第10節 アルビレックス新潟 vs. 川崎フロンターレ

サッカーは好きなのですが、
初Jリーグ
初ビッグスワン
でした。

TOYOTA CUPは何回か見たことがあるし、代表の試合も見に行ったことがあるのですが、Jリーグだけはありませんでした('96年のオールスター戦は見たことがありましたが)。
Jリーグができる前の試合(三浦知良氏が読売でまだ24番を付けていた頃)や関東大学リーグを見に行ったりもしたんですけどね。(萩村君のいた当時の筑波大の試合も見たことありますよ。プログラムに「ハギーと呼んでくれ」とか書いてありましたがアレは本人のコメントなんでしょうか?)

で、5月4日のビッグスワンですが、チケットを買うときにホーム側が買えずにアウェイ側になってしまって、フロンターレファンの真ん中になったらどうしようかとチョット危惧していましたが、さすがホーム、ビッグスワン!!アウェイ側でもほぼオレンジ色でした。これだったらユニホーム買っとけば良かった、と思った次第。

新潟はファンが熱いと聞いていましたが、実際見るとスゴイ。サッカーとは全く縁のなさそうなおじさんまでがエールに合わせて拍手をしていたり、腰の曲がったおばあさんがいたりで、そういう人たちを見るだけで、新潟のファンはスゴイゾと実感しました。

試合も勝ったし、ホントに大満足な初Jリーグでした。

気になったのは、右からの攻撃が少なかったこと。
左に枚数が多くなって、そんな中でパスを回すのならば、右に展開するとかしたほうがよいのではないかと思いました。
セットプレーで点が取れたので、代表より得点力はあるでしょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.03

終戦のローレライ IV

読み終わりました。詳細はGWが終わった頃に…。
ということで、たぶん一般的なGWが終わったので書きますね。

 

最終巻です。面白かったです。他の福井晴敏氏の作品も読んでみたいと思いました。
この作品は、映画から観て良かったと思っています。原作の方が深いし面白い。映画が面白くなかった、ということではありません。

映画を観てから原作を読むと登場人物が映画の出演者に限定されてしまい、自由に想像できなくなったりするのがイヤだったりします。
逆の場合、原作本や漫画を読んでから映画を観たりすると、イメージしていたキャラクタと全く違ったり、声が想像していたのと違うなんてことがあります。
自分の作ったイメージが一番しっくりくるんで、後者の方が違和感は感じますよね。

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

福井 晴敏

2005年13冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

北朝鮮のミサイル

北朝鮮の短距離ミサイル試射、情報を分析中=米政府(ロイター)

日本海に向けて発射したことについて騒いでますけど、なんでそんなに騒ぐの?
北朝鮮の地図を見るとわかると思うんですが、北に中国あって、南に韓国があるんですよ。西も中国が近いからやばいでしょ。
日本海に撃つのが一番安全なのでは?
それとも、

北か南に向けて撃ってってか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

阿修羅城の瞳

映画のチケットを買うときに、「阿修羅城の城」と言いそうになりました。城がだぶってるよ。最初から「〜〜の城」だと思っていたのでした。カリオストロの城とか天空の城とかあるしね。それとごっちゃになったんでしょう。

くぅびぃが飛んでぇもぉ〜、動い〜てぇみせぇ〜らぁ〜

このセリフ、気に入りました。『東海道四谷怪談』にもあるセリフのようですが、いや〜、イイ!!しかも市川染五郎が言うんだから本格的。歌舞伎を見たくなった。
物語は簡単に言うと、百鬼夜行の江戸の町を舞台に鬼を殺す男、病葉出門(ワクラバイズモ)と恋をすると鬼になる女、つばきのラブストーリ。
おもいっきりファンタジィですが、こういう話は好きです。
でも、最後がチョット不完全燃焼に感じました。そこが残念。

最近の宮沢りえさん、良いですよね。一時期ドロップアウトしてましたが、『北の国から '95 秘密』に出て、『たそがれ清兵衛』に出た頃から良くなってます。

監督:滝田 洋二郎
原作:中島 かずき
出演:市川 染五郎, 宮沢 りえ, 樋口 可南子, 小日向 文世, 内藤 剛志, 渡部 篤郎
上映時間:119分
URL(日本語):http://www.ashurajo.com/

2005年17本目

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »