« 太陽光発電 | トップページ | 冬のある日… »

2005.04.03

エターナル・サンシャイン

当時、どうしても消したいというか忘れたいつらい思い出があった。今はだいぶその記憶も薄れている。時間が経てば傷が癒えるように記憶も薄らいでいくからだろう。思い出さないように脳の回路が閉鎖されたか、アクセスが難しくなっているのかもしれない。
もしも、この映画の設定、記憶を消す、ということが安価でできるのなら、やっていたかもしれない…。

監督,脚本は『ヒューマン・ネイチュア』のコンビ。
Charlie Kaufmanの作品を意識するようになったのは、『マルコヴィッチの穴』から。
他には『アダプテーション』,『コンフェッション』とあるが、『マルコヴィッチの穴』が一番おもしろかった。

この映画は、新潟では昨日(4/02)から公開されている。映画館数が少ないのでやらないと思っていたが、やることになって喜んで観に行きました。脚本がCharlie Kaufmanということで期待大きめです。

アダプテーション』で出てきたような冴えない男が主人公。こういう主人公の内面を良く描いていると思う。そう思うのも僕が冴えない男だからかもしれない。
昔は、こういう映画で恋愛ものになると、どうやって女性とつきあい始めればいいかを参考にしようとしていた。フィクションなので、「こんなんでうまくいくの?」って思ったり、もっとも大事な部分が省略されていて、出会っていつの間にか付き合ってて「おい!その間はっ!?」と思ったりするものだ。まぁ、今回もそんな感じで、なんでそんなに簡単に恋が始まるの?と疑問に思ってしまった。恋が始まらないと物語が動かないからなんだろうけど。

映画はとても良かったです。話の流れが現在だったり過去だったりして少し流れを構築しなければならないのですが、たいした問題ではありません。Charlie Kaufman脚本の映画はDVDを買うかどうか迷ってしまう、なんかもう一つ決め手に欠けていたのですが、この映画は買うことが決定しました。Jim Carreyが良かったのかもしれない。

Kirsten Dunstもかわいかったです。『スパイダーマン』に出てたときは、可愛いとは思わなかったっていうか、なんでこんな子に惚れるの?って思ったんですが、この映画では良かった。左のほほにできる笑窪とか。

原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind
監督:Michel Gondry
脚本:Charlie Kaufman
出演:Jim Carrey, Kate Winslet, Kirsten Dunst, Mark Ruffalo, Elijah Wood
上映時間:107分
URL(日本語):http://www.eternalsunshine.jp/
URL(英語):http://www.eternalsunshine.com/

2005年13本目

|

« 太陽光発電 | トップページ | 冬のある日… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/3550811

この記事へのトラックバック一覧です: エターナル・サンシャイン:

« 太陽光発電 | トップページ | 冬のある日… »