« ニモ | トップページ | 福岡,佐賀で震度6弱 »

2005.03.20

ローレライ

興行収入No.1ということで、って理由ではないのですが観てきました。映画館も3週目にしてはそれなりに混んでいたような気がします。

最初が良かった。いきなり現れて(というか潜水艦だから実際には現れてはいないわけですが)の活躍。"魔女"と呼ばれた潜水艦の脅威が感じられる。
日本が極秘裏に接収した潜水艦で、三発目の原爆投下を阻止するための作戦を描いた作品。非常に楽しめました。見終わってDVD購入を決定してしまいました。

ただし、ローレライシステムの画面の現れ方が気に入らない。(観客も含め)石黒賢以外にはなんだかわからずにシステムが発動するというようにしたほうがエンタテイメントなのではないか。戦闘が終わってからネタバレ、というほうが面白かったのではないかと感じる。
原作では、そうなっているのかな?

東京大空襲をしているので、東京に原爆を落とそうとはしていなかったのではないかと思う。東京に原爆を落とすということが日本を再度奮い立たせるようなことになると、アメリカは考えていたのではないだろうか。

監督:樋口 真嗣
原作:福井 晴敏
出演:役所 広司, 妻夫木 聡, 柳葉 敏郎, 香椎 由宇, 石黒 賢, 國村 隼, 佐藤 隆太, ピエール 瀧, 小野 武彦, 鶴見 辰吾, 伊武 雅刀, 堤 真一
上映時間:128分
URL:http://www.507.jp/

2005年11本目

|

« ニモ | トップページ | 福岡,佐賀で震度6弱 »

コメント

>猫姫さま
上にも書きましたが、天皇を殺したら、それこそ日本人全員が玉砕するまで戦い続けるのではないか、と思われます。
英米は、そこまでする必要は無いのではないか、と考えていたと思います。

投稿: あつ | 2005.08.29 20:39

こんばんは、echo&コメ、ありがとうございました、猫姫です。
リアルな話、東京に原爆落とされても、もはや奮い立つべき人もいなかったと思います。
ただ、占領後のことを考えていたのではないでしょうか?
またよろしくお願いしますね!

投稿: 猫姫 | 2005.08.28 21:52

日本を再度奮い立たせるという意味を、私が読み間違ってたみたいですー失礼しました(笑)
それと、そういった恐怖感も間違いなくあったろうけど、逆に完全に全部叩き壊さない限り徹底抗戦してくるのでは?という恐怖もあったように思えたので、東京に原爆投下というのもアリなのかな?と考えたんです。

投稿: chishi | 2005.03.24 13:05

コメントありがとうございました。

>うぞきあさま
私が思っただけで監督が意識しているのかわかりませんよ。あくまで主観なので。
それと、パウラのスーツの下の服は『フィフス・エレメント』のミラ・ジョボビッチっぽいとか思ったりもしました。

>chishiさま
僕も原作を買ったのですが、読めずにいます。今読んでる本があと50ページくらいなのでそれが終わったらと思っています。
東京に原爆、のことですが、英米は日本のことを研究していたと思います。
ニュース23を見て知ったことですが、東京大空襲のときに皇居は標的になっていなかったそうです。もし間違って皇居に爆弾を落として天皇(現人神)を殺したら日本人がどのような反撃に出るか恐れていたからだそうです。そこまで計算しての大空襲だったようです。
東京に原爆を落とすということは、天皇を殺すということになります。日本人の神を殺したら、当時の日本人は絶滅覚悟で戦うことが予想できます。
いくらゼロからスタートさせたかったとしても、ホントに日本人の人口をゼロにしたかった訳ではないと思います。

投稿: あつ | 2005.03.22 22:51

ただいま原作を読み進めてる最中です!
東京に原爆計画がもし米で計画されたとしたら、それは特攻などに見る日本人の狂気を恐れたからで、日本を再度奮い立たせる為とは思ってないのでは。
再生を考えたのは朝倉で、何にも無いゼロからスタートさせたかったんじゃないかなぁ、多分。

投稿: chishi | 2005.03.22 14:40

コメントありがとうございます。

パウラは、私の知らない、いろいろなキャラにあてはまるようですね。
今後ともよろしくです。

投稿: うぞきあ | 2005.03.21 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/3368428

この記事へのトラックバック一覧です: ローレライ:

» ローレライ [うぞきあ の場]
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。 でも、あえて書く。 作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。 そして、“宇宙戦艦ヤマ... [続きを読む]

受信: 2005.03.21 00:53

» 『ローレライ』 [京の昼寝〜♪]
 乗員70名 祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・。  全長110mの艦内で、彼らが描き出した未来とは。 ■監督 樋口真嗣 ■原作 福井晴敏(『亡国の... [続きを読む]

受信: 2005.03.27 22:58

» 映画『ローレライ』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、これからも公開が何本も控えている福井晴敏氏原作の潜水艦映画『ローレライ』です。ハリウッドの特撮技術に慣れ親しんでいる目には少々粗が目立ち、また首をかしげるような箇所もありましたが個人的にはとても感動した映画でした…なにせ任侠ものに弱いもので(汗)なので、他の方もそうだろうと高を括り、キャラや俳... [続きを読む]

受信: 2005.06.06 10:34

» ローレライ 今年の174本目 [猫姫じゃ]
ローレライ   はまりますた。 この手の映画、大好きです。   この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。 トレーラー、ちょっと見ただけ。 他の方のブログも、読んでいませんでした。   何で、この時期に、戦争映画??   そ... [続きを読む]

受信: 2005.08.27 20:00

» 映画『ローレライ』(LOERELEI)樋口真嗣・福井晴敏 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思..... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 23:40

« ニモ | トップページ | 福岡,佐賀で震度6弱 »