« 救命病棟24時で… | トップページ | Macの新ハード »

2005.01.12

一日の長さが短くなったらしい

地震影響で地球変形、1日の長さが短縮 NASA推計

米航空宇宙局(NASA)は10日、スマトラ沖大地震の影響で地球の形がわずかに変形したほか、1日の長さが短くなったり、地軸がずれたりしたとみられると発表した。NASAは「どんな地震でも、同様の影響がある」としている。

地震のデータをもとに計算した結果、地球の扁平(へんぺい)率がわずかに減少したと推定できた。また、自転の速度が増した結果、1日の長さが100万分の2.68秒ほど短くなったらしい。地軸も東の方向に2.5センチほど移動したとみられる。

こうした変化についてNASAは「1日の長さの変化は検知できないくらいに小さく、扁平率の変化も計測の限界に近い。地軸の移動は計測できるかもしれない」と説明している。

地球の形が変わったり1日の時間が変わったのはスマトラ沖大地震だけの所為ではないような気もするが…。
1年で1万分の9.782秒、10年で1,000分の9.78736秒、100年で0.09788432秒、1000年で0.97884856秒。約1000年で1秒プラスする計算です。1000年もあれば1日の長さが伸び縮みするだろうから、まだまだどうなるかはわかりませんね。

上の数値は、10年だと閏年が2回、100年だと閏年が24回(100の倍数の年は閏年としない)、1000年だと閏年が242回(400の倍数の年は閏年とする)、として計算しました。

|

« 救命病棟24時で… | トップページ | Macの新ハード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/2553925

この記事へのトラックバック一覧です: 一日の長さが短くなったらしい:

« 救命病棟24時で… | トップページ | Macの新ハード »