« 韓国声優、抗議の座り込み | トップページ | 自分が住んでいる場所の緯度経度 »

2005.01.06

作り直しの映画

「Mr.インクレディブル」のおかげで作り直しとなる映画

 7月1日の全米公開予定に向けて順調に製作されていたアメコミ超大作「ファンタスティック・フォー」が、突如、大幅に作り変えられることになったらしい。関係者によると、その原因は現在大ヒット中のCGアニメ作品「Mr.インクレディブル」だという。「ファンタスティック・フォー」は、その名の通り4人の超能力者が活躍するアクション映画だが、肉体がゴムのように伸縮するミスター・ファンタスティックについては、製作費を抑えるために、活躍の場面を少なくしていたという。しかし、「Mr.インクレディブル」では、同種の伸縮能力を持つインクレディブル夫人がその能力をふんだんに使って観客を魅了してしまっているため、「ファンタスティック・フォー」の製作陣も、ゴム人間ミスター・ファンタスティックの見せ場を作る必要があると判断したもようだ。後半のアクションシーンすべてが大幅に変更となり、2000万ドル(約22億円)の追加予算が費やされるという。
(eiga.com)

見出しだけ見たときは、設定か話がかぶっているから作り直すのかと思ったら、違いましたね。
こっちであたったからといって、それを取り込むのはいかがなものか。
しかも、「ミスター・ファンタスティック」って、なんかダサ。

|

« 韓国声優、抗議の座り込み | トップページ | 自分が住んでいる場所の緯度経度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/2492786

この記事へのトラックバック一覧です: 作り直しの映画:

« 韓国声優、抗議の座り込み | トップページ | 自分が住んでいる場所の緯度経度 »