« 愚者のエンドロール | トップページ | 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(8) »

2004.12.01

笑の大学

三谷幸喜氏の脚本には、別のドラマで使われている設定を使っていることがある。この映画に青空貫太が出てくるが、『やっぱり猫が好き』にも出てきている。あと「ダイスンダ航空」は、『ラヂオの時間』,『古畑任三郎』に出ている。

映画の日ということで観てきました。
西村雅彦氏,近藤芳正氏の2人の舞台の映画化。私は、その舞台をNHKのBS2で放送しているのをビデオ録画してもらい、それを観ました。
すこし脚色してあるのかな、と思ったら、舞台のまんまでした。
カラスのエピソードが削られていましたが、話が横にそれるので削ったのでしょう。
もう一つ冗長になるような話も削られていました。これは削った方が良い部分だったと思います。

役所広司氏が走っている場面がありましたが、あれは走りすぎです。過剰な演出。そこ以外は良い映画でした。

監督:星 護
原作/脚本:三谷 幸喜
声の出演:役所 広司 / 稲垣 吾郎
上映時間:121分
URL:http://warainodaigaku.nifty.com/

2004年53本目

|

« 愚者のエンドロール | トップページ | 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/2126040

この記事へのトラックバック一覧です: 笑の大学:

« 愚者のエンドロール | トップページ | 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(8) »