« 微熱DANJI公式ページ紹介 | トップページ | 日本 × ドイツ »

2004.12.16

蜃気楼の旅人

グインサーガ98巻です。
100巻まであと2巻ですが、話的にはどんどん思いも寄らない展開になっております。
今回は、ハラハラドキドキの連続でした。

ケイロニアはグイン探索のために一大遠征部隊を組織し、ノスフェラスへと出発した。部隊には、パロからヴァレリウスが、またグラチウスも、そしてマリウスさえもついにオクタヴィアに別れを告げ、かつてのグインの恩に報いるために同行していた。いっぽう、記憶を失ったまま、ひたすら中原を目指すグインだが、砂漠のまっただなかで怪異に襲われながらも、ケス河にたどりつく。そしてその岬で、奇妙な行動の一群に遭遇する。
(裏表紙より)
※ 裏表紙がネタばれなので、文字色を変えています。

表紙を見ると、外伝に出てきてて、本編にもちょっと出演したのかな?そんな方たちが描かれています。
舞台が舞台だけに、やはり出てきたかという感じですが。

栗本 薫

cover

2004年37冊目

|

« 微熱DANJI公式ページ紹介 | トップページ | 日本 × ドイツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/2286925

この記事へのトラックバック一覧です: 蜃気楼の旅人:

« 微熱DANJI公式ページ紹介 | トップページ | 日本 × ドイツ »