« ZOKU | トップページ | 新潟県中越地震 11日目 »

2004.11.02

なんだ、こりゃ?

【最新号特集こぼれ話】宮沢賢治の小説に、気候変動を解決する教訓を見た

宮沢賢治の自伝的小説「グスコーブドリの伝記」を読みました。

冷害で苦しむ国が火山を爆発させてCO2による温室効果で気候を変えようする。だが、誰かが火山に残って犠牲にならないといけない。干ばつで両親を失った青年技術者がその役を買って出る、という話です。

現代の温暖化問題とは逆の設定ですが、気候変動問題を解決するには、大きな覚悟と使命感が必要なことを教えてくれるようです。

(日経エコロジー編集部)

これは、小学生の感想文でしょうか?
もしかして、大人がこんなこと書いてお金もらってたりするの?
楽して儲かってイイね。

|

« ZOKU | トップページ | 新潟県中越地震 11日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/1846529

この記事へのトラックバック一覧です: なんだ、こりゃ?:

« ZOKU | トップページ | 新潟県中越地震 11日目 »