« 誰も知らない | トップページ | 胡山醤チキン »

2004.10.18

ノスフェラスへの道

グイン・サーガ97巻です。あとがきを読むと、99巻まで書き上げていて、もう100巻目を書いているようです。
しかし…、また「そんなとこで終わんなよ〜」ってとこで終わってます。また2ヵ月発売を待たないといけません…。
あー、早く先を読みたいー、って言ってますが、あまり執着しない質なので明日になれば忘れていることでしょう。なにせ、クイズ番組を観ていて、答えが分からないのに答えを聞かずにチャンネルを変えるようなことをしますから。

星船から転移されたグインは、ノスフェラスにいた。記憶を失い、セム族の村にいた。この情報は、グラチウスによって、パロに伝えられ、居合わせたハゾスから、ケイロニアへと知らせられる。ケイロニアは総力をあげてグインの捜索に乗りだす。いっぽうグインは、そんな中原の動きを知るはずもなかったが、記憶のないまま、なにかに突き動かされるかのように、ドードーの制止を振り切り、ひたすら中原を目指して歩んでいた。
(裏表紙より)
※ 裏表紙がネタばれなので、文字色を変えています。

裏表紙の内容とまったく違う、表紙になっています。読んでいる人には、この人物が誰かはすぐに分かると思われるので「どうして?」って思うかもしれないですね。
イラストレータが変わって、僕の思っている感じと変わってきています。もっとクルクルの巻き毛だと思ってたんですけどね。

栗本 薫

cover

2004年28冊目

|

« 誰も知らない | トップページ | 胡山醤チキン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/1703611

この記事へのトラックバック一覧です: ノスフェラスへの道:

« 誰も知らない | トップページ | 胡山醤チキン »