« 電話加入権廃止 | トップページ | 最近のサッカーシューズって… »

2004.10.13

マイクロソフトのバグ

マイクロソフトが修正ソフトを配布、7件の重大な欠陥を発見(ロイター)

 [シアトル 12日 ロイター] 米ソフトウエア大手のマイクロソフトは12日、同社のソフトウエアに7件の重大なものを含む10件の欠陥を発見した、と発表した。

ウインドウズベースのパソコンが攻撃を受けると、データを盗まれたり、他者に操作されたりする可能性がある。

同社は、毎月行っているセキュリティー・アップデートのなかで、これらの欠陥に対する修正ソフトを配布し、ユーザに対してすぐにダウンロードしてインストールするように呼びかけた。

マイクロソフトは、重大な欠陥7件のうち1件は、よりセキュリティーを高めたとされる「ウインドウズXPサービスパック2」に影響を及ぼし、別の1件は、インターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」に影響を及ぼす、としている。

Windowsユーザ、相変わらず大変だなぁ。と思っていたら、Mac版Officeも影響を受けてました…。
ビルゲーツのあほ〜っ!!
Excelを編集できるMacのアプリがあれば、Office捨てるんだけどなぁ。

|

« 電話加入権廃止 | トップページ | 最近のサッカーシューズって… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/1670567

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトのバグ:

« 電話加入権廃止 | トップページ | 最近のサッカーシューズって… »