« 映画「ボルケーノ」放送中止 | トップページ | ミニチュア庭園鉄道2 欠伸軽便鉄道弁天ヶ丘線の大躍進 »

2004.09.03

雪明かり

映画『隠し剣鬼の爪』の予習として読みました。
この本、講談社から出版されているとは思わずに、新潮文庫と文春文庫で探してました。まさか講談社文庫だったとは…。本屋も出版社で並べるのではなく、作者毎に並べるようにして欲しいものです。そうすればすぐ見つかったのに。

短編集です。
表題作『雪明かり』は読んだことありました。読んでる途中、どっかで読んだ話だなぁ、と思ってたんですが、終わりの方に出てくるフレーズを読んで既読であると確信しました。解説を読んだところ『時雨のあと(新潮文庫)』に入っているとのこと…。それなら買わなかったのに、と少し後悔。(もう一編、「遠方より来る」も『竹光始末』(新潮文庫)に入っています。)
でも、他の話も良かったです。前半、せつないというか、やるせないというか、暗い内容のものだったのでこういった話ばかりかと思ったのですが、そんなこともなく。「流石、藤沢周平!!」といったものばかりでした。

美しく心優しい女の哀れ。世の片隅で生きる博徒のせつなさ。武家支配の終熄を予感する武士の慨嘆−−小さくも己の世界を懸命に生きる武士や町人の内には、階級を超えた人間の血が流れる。人間の愛しさと悲しさを見つめる著者の優しい眼が全編を貫き、巧みな構成・鮮やかな結末と相まって短編の粋を見せる。
(裏表紙より)

藤沢 周平著

2004年21冊目

|

« 映画「ボルケーノ」放送中止 | トップページ | ミニチュア庭園鉄道2 欠伸軽便鉄道弁天ヶ丘線の大躍進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/1350917

この記事へのトラックバック一覧です: 雪明かり:

« 映画「ボルケーノ」放送中止 | トップページ | ミニチュア庭園鉄道2 欠伸軽便鉄道弁天ヶ丘線の大躍進 »