« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

スチームボーイ

感想は…、もしかしたらネタばれになるかもしれませんので、色を変えておきますが、
ラピュタみたい。レイの登場のシーンとかスチーム城とか似たような場面が多かった
でした。

製作期間9年、総製作費24億円とか言ってますが、監督が完璧を求めて(求めすぎて)、こんなに時間とお金がかかっただけなんじゃないの?監督がカリスマなだけに、褒めないといけない、なんて思ってるのかもしれませんね。
僕としてはそんなに面白くはなかったです。
なぜ、19世紀なの?
現代の設定で、スチームボールと同じ大きさの核融合炉とかでもいいんじゃないの?
な〜んて思ったり。

監督:大友 克洋
声優:鈴木 杏 / 小西 真奈美 / 中村 嘉葎雄 / 津嘉山 正種 / 児玉 清
上映時間:2時間06分
URL:http://www.steamboy.net/

2004年35本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.30

購入CD(2004/07/30)

浜崎あゆみ / INSPIRE
cover
DVD付きを購入。
まだ、ちゃんと聞いてません。
Instrumentalが入っているのがナゾ。ニーズがあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.29

DVD購入

氣志團 / 氣志團現象大全-Samurai Spirit Suicide
cover
これは…紹介が難しいです。3つのパートに分かれています。ライブの楽しいところを集めた部分,アメリカでのGIGの部分,「キラ キラ!」のPV。
ライブを見ると、もっと行っておけば良かったと後悔。まさにエンターテイメント!!

宇多田ヒカル / 誰かの願いが叶うころ
cover
traveling』もCDを買わずにDVDを買いました。同じような値段で映像も付いてるDVDがお得感が強いためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.28

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7)

ジャブロー編・前
もともとのガンダムとちょっと違うんですが、イイです。
黒い三連星が出てきます。

これをもとにして、DVDとか作ってくれないかな。今ある機動戦士ガンダムのDVDはイイ噂聞かないんで。

安彦良和
原案:矢立肇・富野由悠季
メカニックデザイン:大河原邦男

cover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バガボンド(20)

佐々木小次郎編がやっと終わるみたい。オビに「小次郎編クライマックス!!」とあったし。
長かったなぁ〜。14巻からず〜っとだもんなぁ。
本編に戻ったら巌流島の対決だったらどうしようかと思った。

吉川英治原作の『宮本武蔵』も読みましたが、佐々木小次郎の幼少から青年になるまでのエピソードはないんで、井上雄彦さんオリジナルの部分。
吉川英治さんの原作とこの『バガボンド』を比べると、原作の半分にも到達していない。先は長い。吉岡との決闘も長くなりそうだし。。。

作者:井上雄彦

cover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.27

下妻物語(2004/07/26)

先週、海の日に休まなかったので、一週遅れで休みをとって観に行きました。
予告を見たときに、観たいっ!!って思ったんですが深田恭子さんのロリータファッションが、僕みたいなオッサンが観るのをこばんでいるようで今まで観にいけませんでした。

ところどころは楽しい映画でした。
予告編から受ける印象よりは面白い映画でした。
深キョンのロリータファッションは可愛くて似合ってました。ずーっと前にフジテレビの連ドラに出てたときは、水泳が得意なところはスゴイと思っていましたが、そんなに好きではなかった。でも、『Dolls [ドールズ]』のころから好きでした。
軽い内容の映画だと思っていたが、そんなでもなかった。
泣くほどではないが感動ムービでした。

原作も読もうかな…。

監督:中島 哲也
原作:嶽本 野ばら
出演:深田 恭子 / 土屋 アンナ / 宮迫 博之 / 篠原 涼子 / 阿部 サダヲ
上映時間:1時間42分
URL:http://www.shimotsuma-movie.jp/

2004年34本目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

茶の味(2004/07/25)

富士通のPCのCMとか『鮫肌男と桃尻女』や『PARTY7』を作った石井克人監督の作品ということで見て来ました。

結論、面白かった…が、僕的には一番は、『PARTY7』です。『PARTY7』のような作品を期待していたので、すこし期待はずれでした。そんなこと言っても面白かったんだけどね。

好きなシーンは、ハジメが恋をした後、一人部屋ですごしているところ。この場面は最高っ!!僕にもなんとなく覚えがあるようなないような…。

監督:石井 克人
出演:佐藤 貴広 / 坂野 真弥 / 浅野 忠信 / 手塚理美 / 我修院 達也
上映時間:2時間23分
URL:http://www.chanoaji.jp/

2004年33本目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.24

氣志團ライブ

今、会場にいます。
ライブの感想はあ・と・で♪

ということで、氣志團のライブ…ではなくてGIG
『氣志團現象TOUR 04' SPRING-SUMMER COLLECTION 氣志團列島-Japanolomania-』
に行ってきました。
一昨年の日比谷野音, 去年の『氣志團万博2003 木更津グローバル・コミュニケーション!! ~Born in the toki no K-city~』につづいて3回目です。

スッゴイ楽しい時間でした。18:00開演で終わったのは21:30くらい。3時間半はやってた気がする。
僕は相変わらずフリが覚えられず。。。

それにしても、翔やんMC長っ!!、流石本人も認めるダラダラトーク。でも、面白かったよ。

それと、微熱DANJI。もう、最高っす!!ジュンペイ, ニカケン, テルヤ(だったっけ?)、次のTOURにも出演するんでしょうか?でも、最後、あんなことになってたしなぁ…。

残念なのは、『國道127号線の白き稲妻』をやらなかったこと。曲も増えたんで、全部やるのはムリなんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

なぜ今

宇宙戦艦ヤマトなの?
著作権でもめてるとかという話を聞いたことがあったけど…。
題名は、『新・宇宙戦艦ヤマト 復活編』だそうです。子供のときに、ヤマトを見た世代が作りたいと思ったのか。
もう、新しいものを生み出すという創造性はないんでしょうか?

そういえば、Zガンダムも映画化されるとか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.21

新潟県梅雨前線豪雨被害義援金の受け入れ

テレビ新潟のサイトに義援金取扱口座が載っていたので、リンクを張っておきます。

http://www.teny.co.jp/saigai.html
第四銀行、北越銀行及び大光銀行の各本支店における窓口での振込については、手数料は無料だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

新しいiPod発売

http://www.apple.co.jp/ipod/index.html

もうすぐ(7/24(土))、iPod miniが発売されるというのにiPodが新しくなります。しかも以前のものと容量が同じなのに約¥10,000安くなっています。
操作方法は、iPod miniと同じに改良されています。
20GBが¥33,390、40GBが¥44,940。iPod miniが4GBで¥28,140。
小さくてかわいいけど容量が少ないiPod miniを買うか。予算に¥5,000円追加して容量は大きいけど、ちょっと大きいiPodを買うか。迷うところですね。

来年には、もしかすると半年後には20GBの容量を持つiPod miniが発売されるかもしれません。それを待ってみるというのも良いかも。

追記
Amazon.co.jpで、旧iPodが新しいiPodと同じ値段で販売されていますので、紹介しておきます。
Apple M9244J/A iPod 20G Mac & PC
Apple M9245J/A iPod 40G Mac & PC

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.07.18

梅雨前線

新潟は峠を越えたようです。
まだまだ、土砂崩れなどには気をつけたほうが良いようです。
こっちが終わったと思ったら、今度はあっち。
今度は福井で大雨…。

被害に遭われたみなさん、復興にむけ頑張ってください。
僕も微力ながら協力したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.17

ぼんくら(下)

読了。
宮部みゆき作品は相変わらずの面白さ。読みやすい、というのが魅力の一つ。
今出てるハードカヴァも早く文庫あるいはノベルズ化しないかなぁ。

「俺、ここでいったい何をやっているんだろう」。江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に店子が次々と姿を消すと、差配人の佐吉は蒼白な顔をした。親思いの娘・お露、煮売屋の未亡人・お徳ら個性的な住人たちを脅えさせる怪事件。同心の平四郎と甥の美少年・弓之助が、事件の裏に潜む陰謀に迫る「宮部ワールド」の傑作。
(裏表紙より)

(携帯からの投稿でちゃんとHTMLタグが実現できるか。)

宮部 みゆき著

2004年18冊目

後で確認したところ、携帯からもHTMLタグ付きで更新ができることを確認しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

マッハ!!!!!!!!

試写会のチケットが当たったので早々と観てきました。試写会が当たったのは『セブン・イヤーズ・イン・チベット』以来でした。

始まってすぐ思ったことは、「あれ?日本語に聞こえるセリフがある」でした。「どけよ、このヤロー」とかなんとか言ってた。と思ったら、日本語吹き替えじゃん。試写会をした映画館だけなのかなぁ?字幕だと思ってたからちょっとガッカリ(根拠はありませんが)。
で、映画ですが…あらすじを紹介すると、盗まれた仏像の頭を取り戻すために主人公がムエタイで戦うというもの。
昔の香港映画、ブルース・リーとか若い頃のジャッキー・チェンの映画のようでした。ワイヤを使わないとか、CGを使わないとかその雰囲気を醸し出しています。すごいよなぁ。ジャッキーも昔は同じようなことしてたんだもんなぁ。今はワイヤがないとムリそうだけど…。そろそろ香港映画も原点回帰でクンフー映画をつくって欲しいものです。がんばれ!!ゴールデン・ハーベスト!!
戦闘以外の話のところどころに変なところがあるんですが、置いといて。戦うシーンはスゴイですっ。関根勤さんが好きそう。

ところで、ムエタイはタイ式ボクシングとも言われているので、蹴りと拳による打撃が主なのかと思ったら、肘, 膝の攻撃が多いんですね。夢枕獏氏の『牙の紋章』(オススメの本です!)を読んでから、ムエタイが最強の格闘技だと思ってきましたが、本当に最強でしょう。ジェット・リーのクンフーを見るとクンフーも強いかなと思ったりしますが…。

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:トニー・ジャー / ペットターイ・ウォンカムラオ / プマワーリー・ヨートガモン / スチャオ・ポンウィライ / チェータウット・ワチャラクン
上映時間:1時間45分
URL:http://www.mach-movie.jp/

2004年32本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.15

固定電話は依然、断線中

引き続き、豪雨の話題。
ニュースで言っていましたが栃尾市の電話の復旧は明日午後だそうです。
今日復旧するという話でしたが…。NTTはお役所仕事なんでしょう。ユーザのために寝ないで作業しているという気配はなさそう…。私が気付いてないだけ、というのなら良いのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.14

豪雨、今日は

雨は目立つほどは降っていないようです。
しかし、固定電話は断線しているようでまだ不通。幹線道路も水没したり土砂崩れになって通れません。
明日もまた天気予報は雨の予報。今回の予報はハズレることを願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.13

まるで嵐の山荘

テレビを見ると新潟県の三条がスゴイことになっていますが、僕の実家のある栃尾市もかなり被害を受けてます。
固定電話は不通。幹線道路も水没したり土砂崩れになって通れません。
嵐の山荘型犯罪にはもってこいだなぁ、なんて不謹慎なことを考えてしまいました。
もちろん心配はしていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

久しぶりにバレーネタ

今やってる大会は何?ワールドグランプリって?
筋金入りのバレーファンじゃないからわかりません。

で、今日で3連敗してしまった訳ですが、この前のアジア最終予選のように勝たないとオリンピックに出れないとか、っていうことはないんで安心して見ていられますね。負けると悔しいことは悔しいんだけど…。

オリンピックで勝つために、ここで対戦国の研究をしておくということが大事なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.10

69 sixty nine

いっや~ぁ。面白かったぁ。軽い青春映画って感じで。
妻夫木演ずるケンがよかった。あんなヤツになりたいよなぁ。

今年はクドカン脚本映画かなり観てるなぁ。つまんないのもあったけど。
村上龍の小説って『インザ・ミソスープ』しか読んだことない。気持ち悪かったなぁー。他のも読んでみよ。時間があったらだけど。

監督:李相日
原作:村上龍
脚本:宮藤官九郎
出演:妻夫木聡 / 安藤政信 / 金井勇太 / 太田莉菜 / 柴田恭兵
上映時間:1時間53分
URL:http://www.69movie.jp/

2004年31本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

う〜ん、困った

ちょっと前に書いた記事にトラックバックをもらいました。
でも、なんと言えばいいんでしょうか?温度が違う、っていうか感想がちょっと違うんですよねぇ〜。
私が気持ちをもう少しわかりやすく書けば良かったのかもしれませんね。
私は韓国の俳優には特に興味はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.07

七夕ですね

天気が悪いんで星は見えませんね。
天気が悪いと彦星と織り姫が会えない、なんてことを天気予報で言ったりしますが、星空は雲の遥か上なんで心配ご無用。
その前に、作り話ですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.06

ぼんくら(上)

読み終わりました。

まだまだ、事件は始まったばかり。
最初は登場人物が一緒の短編集かと思いましたが、長編なのですね。下巻少し読みましたが今後が楽しみです。

「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」––江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。いったい、この長屋には何が起きているのか。ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。著者渾身の長編時代ミステリー。
(裏表紙より)

宮部 みゆき著

2004年17冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.05

遅ればせながら…

マックグラン食べました。
イメージを見ると美味しそうなんですが、食べると…。
一回食べれば充分でした。

やっぱ、私はモスが好き。
玄米フレークシェイクも始まってるし、また行こっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

ブラザーフッド

二日続けての映画です。
しかし、あれは史実なんでしょうか?あの徴兵の仕方は。
あと、アカと判断されて殺される場面。あれではナチよりも残虐。

それとジンテが何を考えているのか途中分かりませんでした。弟を生きたまま帰してあげたいという気持ちはわかるが、途中から「なんか違わない?」と思ってしまいました。
最後のところでウルウルする場面もあったのですが、僕はダメです。

監督:カン・ジェギュ
出演:チャン・ドンゴン / ウォンビン / イ・ウンジュ / コン・ヒョンジン / チェ・ミンシク
上映時間:2時間28分
URL:http://www.brotherhood-movie.jp/

2004年30本目

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.07.03

海猿

今日観ました。

男の友情というのに弱い。ウルウルしちゃいました。
話の途中で納得いかない部分とか結構あります。
その辺が気にならなければ、楽しめると思います。
僕は気になったのでイマイチでした。

香里奈さん、かわいいですね。この映画で得た収穫です。にこにこ。

監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明 / 加藤あい / 海東健 / 香里奈 / 伊藤淳史 / 杏子 / 國村準 / 藤竜也
上映時間:2時間
URL:http://www.umizaru.jp/

2004年29本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

初戦と最終戦

同じカードなんてめずらしい。
結果は、同じにはならないよなぁ。

EURO 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.01

中高

中高生と中高年を最近見間違えます。

どっかのサイトでしょうか?
中高生の広場、みたいなのがあって、それを「中高年の広場」と読み間違い、なんかおっさんくさい(失礼っ!!)サイトだなぁと思ってしまいました。

一字違うだけで、大違いですね。

激増する中高生の犯罪!!
となっていると、これからの日本を憂いをいだくのですが。
激増する中高年の犯罪!!
となっていると、いい大人がなにやってんだ、と情けなくなりますね。
どっちにしろ、激増というほど増えてはいないでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »