« イタリアに続きドイツも… | トップページ | 大荒れですね。 »

2004.06.26

ドールの子

グイン・サーガ第95巻です。
94巻とは打って変わってグインがいなくなった中原(ナカハラではなくチュウゲン)各地の模様が描かれています。
94巻でとんでもない終わり方しておいて別の話に行くというグイン・サーガではよくあるパターン。ほかでも見かけますが…。もう、ほんっとに読者をやきもきさせてくれるぜっ!!

グインを乗せた星船は、ノスフェラスの大地を揺るがして飛び立った。地上を遠く離れた宇宙船内で、グインはアモンと対決してこれを退けるが、ついにおのれの運命と対峙することになる。そして彼の選択は、さらに苛酷な宿命をもらたすものだった。いっぽう、戦いを終えてそれぞれの故郷、パロ、ケイロニア、そしてモンゴールに帰り着き、平穏な暮らしを取り戻したかに見えた者たちも、それぞれに新たな苦悩に直面していた。
(裏表紙より)

栗本 薫著

2004年16冊目

|

« イタリアに続きドイツも… | トップページ | 大荒れですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/830923

この記事へのトラックバック一覧です: ドールの子:

« イタリアに続きドイツも… | トップページ | 大荒れですね。 »