« iBookが¥99,800!! | トップページ | 購入CD(2004/05/28) »

2004.05.28

迷宮百年の睡魔

ひと月1冊ペースですね。ようやく読み終わりました。
『女王の百年密室』に続く、第2弾です。よいです。ロイディ、いいよ。あんなヤツが近くにいたら楽しいかも。

森が一夜にして消失し周囲は海になった−−そんな伝説を持つイル・サン・ジャックは百年間、外部との接触を一切、拒絶した迷宮の島だった。なぜか取材の許可を得たジャーナリスト、サエバ・ミチルと同行者ロイディ。彼らが、この地を統治する女王の宮殿モン・ロゼを訪れたその晩、砂で描かれた曼陀羅の中央、密室状況で僧侶の首なし死体が見つかった。誰が何のために殺したのか?そして頭部はどこへ?深く美しく謎と解決が連鎖する、森ミステリィの傑作タペストリィ。
(裏表紙より)

読点の位置おかしくないか?とにかくおすすめ。

森博嗣著

2004年12冊目

ついでに、こちらも。上を読む前にこっちを読んだ方がよいと思われます。一番安いモノを紹介します。

また、女王の百年密室(コミック版)でもよいかと思われます。絵はスズキユカ氏。

|

« iBookが¥99,800!! | トップページ | 購入CD(2004/05/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/659030

この記事へのトラックバック一覧です: 迷宮百年の睡魔:

« iBookが¥99,800!! | トップページ | 購入CD(2004/05/28) »